人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

11月の色彩検定3級をうけようとしています。
色彩関係の勉強は皆無に等しいですが、独学で何とかやってみようかと思います。

私と同じような境遇で見事合格された方、どのような勉強方法をなさいましたか?
とりあえずAFT公式のテキストは買おうかなと思うのですが、配色カードも必須??

●質問者: html1983
●カテゴリ:趣味・スポーツ 生活
✍キーワード:11月 カード テキスト 勉強 合格
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● tiy
●25ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4775302736/hatena-22/25...

Amazon.co.jp: 対策 色彩検定・カラーコーディネーター検定2級・3級: 本: 清野 恒介,島森 功

僕はこの本で勉強しました。Web関連の知識(#0088FFみたいな色指定です)として加法混色ぐらいは知っていましたが、他はほとんど本で学んだ知識です。配色カードは買ってません。過去問があればそれを見ていただければわかるのですが、「この色の名前は?」みたいな問題も結構出題されます。でも、知識問題さえちゃんと解ければ、色の名前関連はヤマカンで正解する分ぐらいあれば合格できます。

勉強方法は本を2回読んで問題を1回解いたぐらいです。

http://www.geocities.jp/iro_colorful_life/aft_success2.html

COLORFUL LIFE_AFT合格

あとは前日に↑の覚えてない部分をひたすら暗記しました。

色の名前を覚えるのが正攻法だと思いますが、色の名前を全部外しても知識問題が満点だったら合格できるとは思います。

邪道な合格方法かもしれませんが、参考までに・・・。

◎質問者からの返答

出題傾向まで教えていただいてありがとうございます。

結構暗記がポイントなんですかね。


2 ● sakana3
●25ポイント

http://www.shikisai-keijiban.com/

色彩検定、カラーコーディネーター検定、色彩士検定を攻略しよう! 〜 色彩掲示板

学生時代に勉強していましたが、実際に検定を受けたのは社会人(デザインとはまったく無縁の業種)になってからで、一から勉強しなおして3級、2級と合格しました。参考にならないかもしれませんが、そんな私の勉強方法を…。

私の場合は

・対策テキスト(AFTの公式テキスト)

・参考書(章毎に復習問題がついているもの)

・色彩学習テキスト(良い表現が見つかりませんでした…。詳しくは本文で説明しますね。)

・予想問題

を使用して勉強しました。

まず、AFTの公式テキストは必須だと思います。公式テキストそのままの形で出される問題があるので…。しかし、まったく知らない状態で読むには公式テキストの内容は難しいと思います。何が難しいかというと、どこが重要なポイントなのか分かりにくいのです。なので、1冊参考書があると良いと思います。書店で直接見てあなたが読みやすい物を探すと良いでしょう。

それから配色カードですが、たしかテキストに配色カードを小さく切って貼る部分があったと思うのですが、それ以外に3級で使用する用途は無いので、無くてもどうにかなると思います。そのかわり、上で「色彩学習テキスト」と説明している、配色カードを自分で貼り付けて色の関係等を学ぶテキストの購入をオススメします(2級以上を受ける予定がある場合はなおさらオススメします!)。公式テキストに載っている「色相環」や「トーンの概念」等の図を自分で作るので、とても勉強になります。大抵は薄くてテキストと同じ大きさなので、一緒に持ち歩いてもかさばりませんよ。ちなみに私は「デザインの色彩」というテキストを使用しました。これは各項目に対応した大きさにカットされた配色カードがセットで付いてくるので、非常に便利でした。

これらのテキストを使用して勉強をする分けですが、私はまず参考書と色彩学習テキストを使って色の知識を勉強します。通勤等の移動中に参考書を読み、自宅で色彩学習テキストを作成&読む、という方法を繰り返していました。参考書についている問題に答えられるようになったら、公式テキストを使用し始めます。公式テキストはおさらいに使っているので、試験まで1週間を切ったところで読んでいました。覚えられていない専門用語があったら、公式テキストを読みながら単語カードを作ると良いと思います。最後(試験前日)に予想問題を使って模擬試験をし、間違った部分をまとめて試験本番までの間に頭の中に詰め込みます。

出題傾向ですが、上で書かれているtiyさんも仰っている通り、色の名前の出題はありますが、大部分をしめている訳ではないので2の次でも良いかもしれません。これは色の名前よりも、色の原理や関係等の部分の方が色彩の世界では重要であるからだと思います。特に3級はいかに基礎知識や用語を知って(覚えて)いるか、という部分なのでとにもかくにも暗記!という状態になってしまいますが、原理が分かればすんなり覚えられると思います。

なんだかすごく長くなってしまいましてスミマセン^-^;

検定合格できるようお祈りしています。頑張ってください!

◎質問者からの返答

詳しい説明ありがとうございます。

いきなり公式テキストは、難しいようですね。

経験者の勉強ステップがきけて参考になりました。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ