人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近、コンプライアンスについて大企業内でうるさくなっているようです。しかし、あまりにうるさすぎて、そのために、社内のやる気がそがれたり、できるマネージャーの足をひっぱるために使われたりすることがあるそうです。そこで、逆にコンプライアンスを導入したので、社員のやる気が増えて、よい方向に向かったというような事例はあるでしょうか? 日本ハムなどはそのようなケースのような気がするのですが。

●質問者: isogaya
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:コンプライアンス マネージャー 大企業 日本ハム 社員
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ykanzaki
●1ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1094988005

最近、コンプライアンスについて大企業内でうるさくなっているようです。しかし、あまりにうるさすぎて、そのために、社内のやる気がそがれたり、できるマネージャーの足を.. - 人力検索はてな

求められている,コンプライアンスは,決めたことを守りましょうという非常に当たり前なコテ内でしょうか.できるマネージャの足を引っ張るという,できるマネージャは決められたことを守っていなく,他の人だとやらないような強引なことをやってしまい,ルールを無視し当面の結果さえ良ければと言う風潮は無いでしょうか.競争に勝つための努力,工夫は必要です.そして誇りを持って仕事する時に社内のやる気がそがれるでしょうか,不可能を可能にする努力は必要です,そして誇りを持ってあたればコンプライアンスがうるさすぎるとは感じないはずですがどうでしょうか.

◎質問者からの返答

すみません。意見ではなくて、URL等のリファレンスお願いします。はてなは、議論する掲示板ではないのでよろしくお願いします。


2 ● sami624
●1ポイント

http://homepage3.nifty.com/sami624/index.html~030915

波乗り三昧

URLはダミーです。

営業部門の過剰セールス推進が沈静化して多少モラルある商業活動が維持できるようになり、モラルが向上したということでしょうか。

同業他社がある限り、売上高のシェア・増加率・増加額が他社との優位性とみなすアホ経営者が多く、営業関連部門が倫理無き過剰セールス推進の旗振りをしていましたが、こんぷらの導入により多少節度ある推進による、適切な利益確保を目標とした営業展開が実現しつつあり、何故コンプラが必要なのかを、管理部門以外の担当者も認識できるようになり、逆の意味でやる気が出ていますね。

◎質問者からの返答

すみません。実例の指摘お願いします。


3 ● shinanon
●58ポイント

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=80215

日経プレスリリース

ネット証券なんかは体性強化で

外部に向けて安心という付加価値を売る

ようなことをしておりますが。

◎質問者からの返答

URLの提示ありがとうございます。まだ、コンプライアンスの実施結果に関する情報は少ないのですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ