人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

5月に設立した会社が資本追加を受け、10月からの会計年度に変更することになりました。開業費などの繰延資産の償却は9月までの決算で償却することになるのでしょうか?それともその次の年の4月まで償却するのでしょうか?現在の決算期は5月から4月までです。

●質問者: ahiruzuki
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:4月 5月 会社 会計 決算
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● paphio
●40ポイント

http://www.rakucyaku.com/Koujien/L/part02/chapter04/2-4-6-2

減価償却(減価償却費・繰延資産償却)

URLから抜粋

>開業費・試験研究費・開発費については5年間の均等償却にかえて、5年以内に任意な金額を償却(任意償却)してその金額を必要経費にします。

>この場合、申告書(内訳書)に任意償却の旨を明記する必要があります。

任意償却の場合は、特に決まりはないようです。

5年の均等償却は、期間配分(今回の決算で5〜9月分)するようです。

◎質問者からの返答

なるほど、ありがとうございました。非常に助かりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ