人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

洋楽の音楽CDで何も録音されていないトラックがたまにあります。制作上の都合と書かれていますが、なぜこうのようになるのですか?最近では、ジルスコットのcdで30トラックが何も入ってなく最終曲44番目となっています。

●質問者: curryhaochi
●カテゴリ:趣味・スポーツ
✍キーワード:CD トラック 制作 洋楽 音楽CD
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● imin
●18ポイント

http://www.jillscott.com/

JillScott.com

俗に言うシークレット、トラックのことだと思います。

アーティストの都合でボーナストラックを隠すのに使用されています。なので曲名が載ってない時もたまにあります。

これで終わりだと思ったら最後に1曲入ってたというのがいいのではないでしょうか?


2 ● yjin
●20ポイント

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20064175,00....

何も聞こえない!--無音の曲を本当に販売しているiTunes Music Store:ニュース - CNET Japan

urlはダミーです。

アーティストなど製作者が意図的にこのように無音のトラックを挟むことはよくあることですが、製造の過程の技術的な理由とかではないので「なぜこのように」ということはないと思います。

無音を挟む理由は、例えば無音の前後のトラックを別個のものとして扱いたい(後にボーナストラックが続く場合など)とか、単にトラック数をはちゃめちゃにしてリスナーをびっくりさせたいとか、いろいろあると思います。

早川義夫さんも「歌は歌のないところから聴こえてくる」「音が出る一歩手前の沈黙が美しいかどうかで全てが決まる」とおっしゃっています。無音のトラックが、その作品に必要だったからこそ、意図して入れたのでしょう。


3 ● wireself
●20ポイント

http://www.overcube.com/blog/archives/000011.php

AZ::Blog はんなりと、あずき色☆: 無音の曲

私はこのジルスコットのCDは聴いたことがありませんが、他の無音トラックの例ということで。

こちらは制作上の都合というより、表現者の意図があってのこと、ということですね。

◎質問者からの返答

現代音楽のジョンケージさんのは有名ですね。しかしあれは作品。ジルスコットさんのはタイトルなし。他にもベーシストのミッシェルンデケオチェロもよくやるんですよね。表現者の意図を想像してみます。blogを紹介してくださって有難う。


4 ● hhosono
●17ポイント

http://mailer.fsu.edu/~ataniguc/disc/cage_433.html

上記ウェブページを参照していただければわかりますが、無音も「音楽」(正確には無音+環境音も「音楽」)だということだと思います。

◎質問者からの返答

あ、ジョンケージさんですね。はい、よく読んでみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ