人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今月8日に発売された新型フェアレディZについての質問です。同車種に搭載された日産初の「シンクロレブコントロール」機能とは具体的にどのようにエンジン回転数を制御するものなのでしょうか? シフトダウン時のブリッピングは思い付くのですが、エンジンブレーキを期待したシフトダウンとは矛盾する場合もあるように感じます。どのように制御すれば「スポーティさ」が実現されるのか教えてください。

●質問者: TMX
●カテゴリ:コンピュータ 趣味・スポーツ
✍キーワード:エンジン エンジンブレーキ コントロール シフトダウン シンクロ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ogitaro
●20ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

URLはダミーです。

確かにブリッピングする事によってシフトダウン時にエンジン回転数をあげる事は、そのまま停止するのであればエンジンブレーキになりますね。でも例えばコーナーで2速に落として再加速するような時は必要以上にエンジンの回転を落とさずにパワー特性のおいしい部分を使える事が出来るので、再加速時のもたつき感がなくなります。そういう意味でのスポーティーさを訴えているんだと思います。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。さらに具体的な(出来れば技能よりもエンジンの制御技術について)ご回答をお待ちしております。


2 ● jp0134
●10ポイント

http://216.239.57.104/search?ie=EUC-JP&lr=lang_ja&hl=ja&q=cache%...

ごめんなさい、どのサイトもこのていどです

参考までに

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。


3 ● jack0228
●80ポイント

http://www.exedy.co.jp/jweb/prd/02file/01.html

F1やポルシェ等のセミオートマと違いクラッチがついているわけではありません。ですから回転数を合わせてからクラッチを繋ぐという制御はできません。

結局はトルクコンバータのエンジン側のタービンとミッション側のタービンがなるべく早く回転差が小さくなるようにエンジンの回転数を制御する事だと思います。

通常のオートマですとシフトダウンした時点ではエンジン側のタービンよりミッション側の方が回転数が大きいので「それにつられて」エンジンが適度の回転数になるまでのタイムラグがあります。そこでエンジン回転数を制御し「それにつられて」の時間をなるべく短くする事によりスムーズなシフトダウン(=スポーティさ)を実現しようとしているのだと思います。

◎質問者からの返答

なるほど。当方はATの構造にうといため、トルクコンバータのタービンの回転差については考えが及びませんでした。ATにおける、いわゆるスポーツモードの実装について少し理解できた気がします。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ