人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

オチの無い話を長々とする人ほど、決まって、
優しくて善良で、非の打ち所が無いほど性格が良かったりします。

この因果関係を説明して下さい。

●質問者: tebas1970
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:因果関係 性格
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 14/14件

▽最新の回答へ

1 ● tkyktkyk
●13ポイント

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0404/16/news056.html

Expired

話にオチをつけるというのは、聞き手に対して良い方向だろうと悪い方向だろうと、

ある種の驚愕か感嘆、身近なところで言えば”笑撃”をもたらすことだと思います。

そういった話にインパクトを盛り込むということは、

それまでゆるやかに流れていた話の流れを唐突に早くしたり落としたりする、

つまりはそれまで聴いてくれていた者に対する裏切りである、感じるが為に、

最初から最後まで劇的な変化を話に盛りこまずに、不変を保とうとするのです。

また、長い話を短く簡潔にまとめることができないのは、

善良であるが故に、より細かに説明した方が、より長々と言葉にした方が、

聞き手にとって臨場感とリアリティが増すであろうというように考えているためです。

要は”余計な御世話”からできている訳です。

個人的には「人は良いが面白く無い人」ってのは、育ちが良い方に多いのではと勝手に推測していますけど。

URLはダミーです。

◎質問者からの返答

こうゆう回答求めてました!

話を全部聞いた後、「前半部分カットできるだろその話!」と思ってしまいます。

私が短気なのでしょうか。


2 ● garyo
●13ポイント

http://d.hatena.ne.jp/garyo/

ジャンク☆ニュース 臥龍

URLはダミーです。

落ちがある話をする人は、話しながら落ちを考えたり、この話をして相手を笑わせようとか、しゃべりながらバックグラウンドジョブでいろいろ考えているわけですよね。

優しくて善良で、非の打ち所が無いほど性格が良い人はそんなことは考えずに話していることに集中しているからではないでしょうか。

落ちのある話を考えるためにはある程度頭がよく、人の欠点を見つけたり、皮肉が言えたり、自分を茶化したりできる人だと思います。

・・・すみません落ちが無くて。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

あ、別に私は、オチのない話じゃないとダメな訳ではないのです。私も面白い話そんなに出来ないし。

ただ、長さが・・・。

なるほど、性格がちょっと悪い位の方が、面白い話が出来たりするのでしょうかね。


3 ● saeka1001
●12ポイント

http://www5d.biglobe.ne.jp/~platz/aiteizon.htm

私の周囲の人をみていて思ったことですが、優しくて善良な心の持ち主は、自分の話が出す結論で誰かが傷つくのを避けようとし、罪ある人をも許して受け入れ、誰かを責めるような意見や断定的な言い方を避けようとする傾向があるように思います。こういう人が、ご指摘のように落ちのない話を長々としてしまうのは、自分の中には落ちがあっても、その落ちで話を結論付けてしまうことが出来ないからなのではないかと思いました。

「私はこう思うけれど、でもきっとそうは思わない人もいるだろうから…」そんな考えが話をしている間中ぐるぐる頭の中を回っていそう…(笑)

URLに上げた本は、そんな人が日本人にはたくさんいるよ、と説明しているような内容でした。す。

学術的な説明でなくてごめんなさい。お求めの答えとあわなければポイントは結構です。

ご質問の内容を見た瞬間に、「ああ、たしかに!」とうなずけるものがあったので、長々書かせて頂きました。失礼いたしました。

◎質問者からの返答

リンク先の言い訳、面白かったです。

「あなたは私が券を持っていることをただ信じればいいのだ」って!

なるほど、オチはあるのに結論を付けたくないという考えもあるのですね。

「今日朝起きたら8時で、朝ご飯に秋刀魚を焼いて食べた。すごく美味しかった。ワイドショーの星占いはまぁまぁだった。」というノリの話が延々続くのですが・・・。

これも結論付けるのを避けた結果・・・か。


4 ● so-shiro
●12ポイント

http://www.kyotogakuen.ac.jp/~o_human/society/05.html

一般に性格というものは個人的なものと考えられていますが、D.リースマンという社会学者は『孤独な群衆』(1950年)という本のなかで、社会の発展段階におうじた特有の「社会的性格」が存在するのだと主張しました。リースマンは「伝統指向型」「内部指向型」「他人指向型」という3つの社会的性格について論じているのですが、ここでは「他人指向型」をとりあげましょう。つねに変化しつづける高度産業社会においては、伝統的な価値観や一般的価値観にもとづいて行動していては、うまく適応できません。このような社会で求められるのは、他者の期待や好みを敏感に察知し、時代の変化にすばやく適応する生き方です。そのため、「他人指向型」の社会的性格をもつ人びとが増加するのです。「他人指向型」の人間は、流行や時代の流れに敏感である反面、他人からどう見られるかを常に意識しており、仲間集団からはぐれることにたえざる不安をいだいています。よく気が利いて上手に人間関係をやっていける人がいる一方で、周囲にふりまわされて「自分がない」と感じている。

そんなわけで、自ら話しを中断することができず、とりとめもない長話をする人の方が、自分に自身がなく、周囲にあわせようと努力している善良な人であることが多いのです。

◎質問者からの返答

なるほど。ありがとうございます。

でも、他人からどう見られるか気になるからこそ、

面白い話をするように心がけるような気もします。

「長くてつまらないと周りの人はイライラしてるんじゃないだろうか」という考えにはいかないのですかね?


5 ● marumi
●12ポイント

http://www.ashoro-mennonitechurch.jp/essay0207.html

http://www1.odn.ne.jp/hospital/ko27.html

ymustation

159 オチつけマンを読んでください。

オチがなくながなが話す人、それでもやさしい人だったり面白い人なら私は好きですが、自分本位長話は勘弁してほしいです。

◎質問者からの返答

リンク先は大変共感できました。

「で、オチは?」分かります。

「前フリ長いな〜」と思ってたら、そのまま終わるので、最初はびっくりしました。

「で、因果関係は?」


1-5件表示/14件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ