人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

A社の損益分岐点売上高を求めよ。
○A社5種類の商品の商品を販売。
○商品の上代価格、商品原価、販売構成比率は次の通り。

商品?上代価格5,000円 商品原価1,800円 販売構成比 15%

商品?上代価格4,000円 商品原価1,520円 販売構成比 15%

商品?上代価格3,000円 商品原価1,200円 販売構成比 20%

商品?上代価格2,000円 商品原価800円 販売構成比 20%

商品?上代価格1,000円 商品原価450円 販売構成比 30%

○A社は納品先B社に掛率75%で納品。
○A社の固定費は1億3千500万円。宣伝費1500万円。販売変動費は上代比4
%とする。
○限界利益率を加重平均で求めなければならない。

問題2
A社が3000万円の利益を上げる為に必要な売上額はいくらか?

・・・・・以上回答とその解説を御願い致します。
きわめて分かり易く御願い致します。

●質問者: sanma
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:上代 価格 利益 固定費 売上額
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● くいっぱ
●17ポイント

http://www.parkcity.ne.jp/~krby/chagroom/smupload/0012.lzh

掲題URLにエクセルで計算したファイルを乗っけておきます。

340,714,285.7円が損益分岐販売価格

408,857,142.9円が3000万の利益をあげるために必要な損益分岐販売価格

上代っていうのが初耳なのでよくわからないけど、利益率から引いておきました。変動経費ってことでいいんですかね?

http://www.parkcity.ne.jp/~krby/chagroom/smupload/0011.lzh

ちなみにこっちは、掛値率を忘れてたパターン。あわてて修正したからもしかしたらどっかセルがずれてるかも。

http://www.konomiti.com/Ex_yosoku.html

売上伸率を計算して、売上予測を立てる

きわめてわかりやすく説明…。

どこまで基礎知識があるのでしょうか?

0から説明してたら、ここの回答ウインドウじゃ足りないので売上構成の計算法について一通りごらんください。

で、自分の計算したやり方は。

定価×掛値75%から、原価を引いて利益を出します。

いろんな商品があるので、各商品ごとに算出します。

各商品は、販売数量が比率で示されているので、

各商品を販売構成比で割って、

一回の販売あたりの利益額、販売単価額をだします。

上代比4%がなんのことかわからなかったんですが、

変動経費だろうと推測して、利益率からさっぴきます。

以上が、変動経費についての計算です。

で、固定費が15000万円かかるので、

このマイナスのラインを上の利益のラインが越えたところが損益分岐点になります。

損益分岐点は利益額が0円になるポイントなので

0円=一回あたりの販売売上利益 × 販売数量(α) - 固定費

となります。

ここから販売個数αを求められ、

このαに一回の販売あたりの販売単価額を掛けることによって、

必要売上額がわかります。

利益3000万円は左辺を3000万にして同様に計算しました。


2 ● kami48
●17ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1096601730

A社の損益分岐点売上高を求めよ。 ○A社5種類の商品の商品を販売。 ○商品の上代価格、商品原価、販売構成比率は次の通り。 商品?上代価格5,000円 商品原価1,80.. - 人力検索はてな

URLはダミーです。

まず、各商品の限界利益を求めます。掛け率75%を加味して、

商品 上代価格(X掛率) 原価 限界利益

? 5,000x0.75=3,750 1,800 1,950

? 4,000x0.75=3,000 1,500 1,480

? 3,000x0.75=2,250 1,200 1,050

? 2,000x0.75=1,500 800 700

? 1,000x0.75= 750 450 300

次に、加重平均限界利益率を求める。各商品の販売構成比を加味して、

(1,950x0.15+1,480x0.15+1,050x0.2+700x0.2+300x0.3)/(3,750x0.15+3,000x0.15+2,250x0.2+1,500x0.2+750x0.3)=0.48

つまり、加重平均限界利益率=48%

A社の損益分岐点売上高は(注:単位千円)

(135,000+15,000)/(0.48-0.04)=340,909

答え:3億4千百万円(¥341,000,000)

次に、A社が3000万円の利益を上げるために必要な売上高(単位:千円)は、

(135,000+15,000+30,000)/(0.44-0.04)=409,090

答え:4億1千万(¥410,000,000)


3 ● paphio
●18ポイント

http://www.pursue.ne.jp/jouhousyo/sysad/sysad018.htm

シスアド講座 損益分岐点

公式はURLのとおり

問題1

1、上代価格1個あたりの加重平均と販売価格の加重平均を算出

上代 75% 加重 変動加重 仕入 加重

5000 3750 562.5 30 1800 270 15%

4000 3000 450 24 1520 228 15%

3000 2250 450 24 1200 240 20%

2000 1500 300 16 800 160 20%

1000 750 225 12 450 135 30%

1987.5 106 1033 100%

(例)5,000円×75%×15%=562.5円

同様の方法で上代価格5,000円から1,000円まで算出後、合計する。

1個あたりの販売価格の加重平均 1,987.5円

1個あたりの変動費の加重平均 106円

2、公式に当てはめ損益分岐点売上高を算出。

限界利益=売上高-変動費

1881.5=1987.5- 106

限界利益率=限界利益÷売上高

94.66%= 1881.5÷1987.5

固定費=13500万円+1500万円=15000万円

損益分岐点=固定費÷限界利益率

15,846万円=15000万円÷94.66%

ごめんなさい。時間がなくなってしまいましたので問題1のみです。


4 ● indian
●18ポイント

http://www.rakuten.co.jp/

【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ

固定費は15,000万円(13500+1500)

変動費比率は79%(75+4)→その裏返しの付加価値率は21%

損益分岐点売上は71,428万円(15000÷0.21)

固定費15,000万円+利益3,000万円=18,000万円

必要売上額は18,000万円÷0.21=85,714万円

となります。

したがって、この売上を作る5種類の売上構成比には関わらず、必要売上額が算出されます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ