人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

4日間戦争は何年でしたでしょうか?多分1967年だったと思うんですが。この戦争がパレスチナ・ゲリラの闘争のきっかけではなかったでしょうか。ナセルはこの戦争が要因で失脚したのでしょうか?

●質問者: mazak24
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:1967年 ゲリラ ナセル パレスチナ 戦争
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● cantare
●14ポイント

http://homepage2.nifty.com/murasaki-miyako/39.html

アジア・アフリカの独立

6日間戦争のことでしょうか?

?パレスチナ問題の項目、

1967年の第3次中東戦争後にナセル政権の権威失墜と記述があります。

http://www.geocities.jp/ytbpch/nyuumon/p-j.htm

http://www1.ocn.ne.jp/~kbkb/kenji/1_4.htm

第3次中東戦争

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

記憶のあやまりのご指摘にも感謝します。


2 ● idetky
●14ポイント

http://www.geocities.com/inazuma_jp/chronological.html

おおまかな中東年表

うーん六日間戦争ならそうだと思いますが、四日間戦争は知りませんでした。「ゲリラ闘争」の直接的なきっかけになったかどうかは判りませんが、1948年に始まる第一次中東戦争の段階から泥沼化→ゲリラ闘争となる事は予想できた事かもしれません。URLは歴史的な経緯を良く教えてくれます。

◎質問者からの返答

4日間戦争は間違いでした。ゲリラ闘争となったのは、ナセルのエジプトなどのアラブ民族主義国家に頼れなくなったからだと思います


3 ● macbeth
●14ポイント

http://mltr.e-city.tv/faq02.html

6日戦争のことでは?

確かにPLO結成に繋がった という点では

この戦争がきっかけです

詳しくは以下のURLを

http://mltr.e-city.tv/faq02.html#00063

ナセルは失脚してはいません

ナセリズムが衰退したというだけで

http://mltr.e-city.tv/faq02.html#00494

◎質問者からの返答

確かにそうですね。ナセルのアラブ民族主義はこの戦争で破綻したのではないでしょうか。彼の死後指導者の後をついだサダトはソ連と袂をわかち、アメリカへすり寄っていきます。それで、シナイ半島を返還されたのでしょうが。


4 ● so-shiro
●14ポイント

http://www.tabiken.com/history/doc/M/M020L100.HTM

中東戦争

1967年に勃発し、エジプト(当時はアラブ連合)が負け、ナセルが辞意を表明したのは「六日戦争」です

http://www.tabiken.com/history/doc/N/N225L100.HTM

ナセル

しかし、国民は納得せず、ナセルは激務を続けて、1970年9月に急死ししまいます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

しかし、アラブ民族主義はこの戦争に負けることで破綻したのではないでしょうか。


5 ● 1500曲を突破♪
●14ポイント

http://www3.tky.3web.ne.jp/~sper/UNADY/2.html

とくにそう限定する必要もないと思います。すでに御承知のように、べつにナセルの失脚をもってゲリラ闘争がはじまったわけでもありません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

しかし、この当時までの中東のイデオロギーはナセルに代表されるアラブ民族主義ではなかったのではないでしょうか。アラブの統一を目標として、その文脈の中で中東戦争があったのではないでしょうか。パレスチナ解放は一番のもくひょうではなかった。そうおもいます。また宗教性はほとんどありませんでしたね。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ