人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

明日、多人数に新企画のプレゼンをしなければなりません。
あなたがプレゼンの際に気をつけている事や、ここは押さえたいと思っていること。
良いプレゼンのコツなどを教えてください。
プレゼンテーション手法など体系だったものがあるならそれも。
あなたのプレゼンテーション成功事例の自慢でも良いです。

●質問者: kunitz
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:あなた プレゼン プレゼンテーション 成功事例
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 22/22件

▽最新の回答へ

1 ● artcom
●11ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1096709496

明日、多人数に新企画のプレゼンをしなければなりません。 あなたがプレゼンの際に気をつけている事や、ここは押さえたいと思っていること。 良いプレゼンのコツなどを教え.. - 人力検索はてな

*

要素は盛り込みすぎず、ポイントは

簡潔に、量も最小限に。

自分のプレゼン経験、および人の

プレゼン資料の作成支援経験からこれに

つきると思います。言うは易し、行なうは

何とかですが!

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

簡潔に、量も最小限


2 ● sami624
●11ポイント

http://mbaholder.chu.jp/uramain/urahofstra/urahofstra.html

MBAの裏話 (MBAholder.net 裏サイト)

私の上司(MBA保有者)のプレゼンのスキームですが、?事実関係の調査結果→?本来あるべき姿→?実態と本来あるべき姿との乖離状況→?乖離状況を起こした要因→?法的要因・慣習→?あるべき姿へ導くための対応方法→?対応方法に関わるリスクとコストといったスキームで進めるのが好ましいと教わりました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

、?事実関係の調査結果→?本来あるべき姿→?実態と本来あるべき姿との乖離状況→?乖離状況を起こした要因→?法的要因・慣習→?あるべき姿へ導くための対応方法→?対応方法に関わるリスクとコストといったスキーム

※すばらしいです!


3 ● garyo
●11ポイント

http://d.hatena.ne.jp/garyo/

ジャンク☆ニュース 臥龍

URLはダミーです。

「はっきり・ゆっくり・大きく」です。

多人数の前にでると緊張して声が小さくなり早口になるので、意識して普段より「はっきり・ゆっくり・大きく」声を出すようにしています。

また目線は遠くを見るように、手前の人でなく一番後ろの人を見るようにします。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

「はっきり・ゆっくり・大きく」


4 ● hidepon
●11ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

URLダミー

私が気をつけていることは・・・

・文字を大きく(ポイント24以上)

・単文?2つくらい、出来れば言いたいことだけを示す。

・色を多用しない。

・動きも最小限 大事と思う部分のみ。

プレゼンテーションの本とかたくさん出ていますが、雑誌を参考にしています。○経とか色々。プレゼンだけでなく、文書処理や最近の情報も得られますので。

プレゼンのコツ、少ないかもしれませんが異常で。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!


5 ● kinop
●11ポイント

http://www.sound.jp/

@sound.jp - 無料レンタルサーバー

URLダミーです。

プレゼンの媒体、おそらくPowerPointかなと

思うのですが、基本は同じとして提案します。

成果報告等は時間を軸にして考え

グラフや絵を多用すると簡潔に収まりますね

楽に作成でき、受けも良好だと思います。

人間の集中力は短いですし、問題は多人数の

場合、簡潔にプレゼン資料を作成したとして

後のディスカッションでの問いなどにどう対処

すべきかということです。考えられる

質問点など予め準備が必要で一番大変なのはこのあたりかと思います。

トークで納得してもらう力技も当然あり

なので、特に心配は無いかと思いますが、

今回の新企画提案も上記同様に考えます。

1:自社の過去、現在の遷移を

グラフ1枚に見やすく。

2:その結果と原因の考察を述べていきます。

3:その上で新企画の必要性のアピール

4:他社の類似する実例の資料を用意します。

5:他社で成功・失敗している例、自社では

こうすれば成功するのではないかという

主張すべきファクターの列挙。

6:他社それぞれで失敗・成果のあった部分を

留意点として併記し、成功例についての原因

失敗点の原因、推測でも例があればよいと思

います。そして、自社ではどう対処すれば

良いか、リスクとリスクヘッジを懸案した

うえで、このケースであれば採択すべきで、

このケースであれば却下すべきかも、

所感として盛込むと良いプレゼンになるか

と思います。

7:その延長としてグラフで先の展望の推測・期

待や、目標のあるべき妥当点の指摘など、を

提示されるといいかなと思います。

頭から新企画が受入れられる場であれば

1〜3は冗長になるので飛ばすのが無難ですね。

置かれておられる状況が正確に分からない

ので、月並みな内容でスミマセン。当方

だと、この辺りに力点を置くと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!


1-5件表示/22件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ