人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: suke-sdk
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:くそ サイト 半信半疑 習字 能力
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

6 ● guuko
●20ポイント

http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/1996q4/19961127.html

NHKオンライン

高校生のとき「ペン習字クラブ」に入りました。

ただひたすらお手本を真似て書き写すだけでしたが、私も友人もびっくりするほど上達しました。

それを見て母親も(当時40代)練習したら、これまた

へたな字が上手になりました。

自分のやる気さえあればテキスト1冊あれば充分です。

通信教育だとお金がかかりますし、辞めた後もDMの勧誘が執拗だったりします。

お気に入りの道具(ノートとペン)で練習するのが秘訣です。

必ず身につきますのでトライしてみて下さい。

◎質問者からの返答

おお。やる気が出てきますね!確かに、添削等の付加価値がいらなければテキストで十分ですね。


7 ● hekifu
●20ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1096844060#

字がへたくそです。そのためペン習字をならってみようと思うのですが、ホントに上手くなるのか半信半疑です。二十代でも能力の向上が認められるのか等、効果を示したサイト.. - 人力検索はてな

(ポイントは不要です)

私自身の経験で恐縮ですけど書くことが

多いと崩す所などの感覚が分かるように

なってきます

その上で添削などの指導をして貰える

ような体制があるとよいでしょう

◎質問者からの返答

ありがとうございます。やはり文字を書く機会が減っているのが問題ですね…。


8 ● nuunuu
●30ポイント

http://www.mag2.com/vow/osiete/mikochan.htm

教えて!ティーチャー先生 〜 字が上手くなりたい!

書道の師範代を持っています。

それで生計を立てているわけではなく、現在はただの会社員をやっていますが

人に頼まれて「書き物」をしたり

臨時で書道を教えたり・・・という経験から

思い当たることをいくつか書いてみます。

毛筆と硬筆とでは若干異なる部分もありますが、

どちらにも共通して言えるのは

「手本を意識して書くこと」が大事だということです。

手本の癖まで身につくほど何度も練習を重ねれば、必ず字は変わります。

それと大事なのは、筆順です。

一般的に筆順は、字を上手に(綺麗に)書くための決まり事なので

「こっちのほうが書きやすいから・・・」と自分勝手に書くのではなく

筆順に従って丁寧に書くだけでも、変わってくると思います。

文字は、大人になってからでも必ず変わります。

子供のほうが上達が早いように思えるのは、

それまで蓄積された癖などがなく、素直に手本に忠実に書く能力と

集中力が、大人より高いから、という点。

そして、ほぼ毎日、自筆で字を書く機会がある、という点。

この2点だと思います。

大人は理屈から入ろうとしてしまいがちですが、

とにかく書くこと、上手になりたいと思うこと・・・が大事だと思います。

いろんな会社がペン習字講座をやっているようですが、

手段は何であれ、実際に受講なり練習なりされるのがご自身です。

動機付けさえしっかりしていれば、字は上手くなると思いますよ。

ご健闘をお祈りいたします。

質問の主旨とはずれてしまったかもしれませんので

参考にならなければ、ポイントは結構です。

◎質問者からの返答

詳細なご説明、ありがとうございます。「大人でも字がうまくなる」というのが疑心暗鬼だったのですが、自信がつきました。やはり、書き順は大切なのですね…。小学校のころによく注意されました。あのころしっかりやっておけば…。


9 ● USS-FUTU
●20ポイント

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4098374811.html

六度法ノート: 紀伊國屋書店BookWeb

質問とは少しずれますが、

これもうまく字を書くための書籍です

私も試してみましたが、確かに字がうまくなりましたよ

しかも簡単で単純明快で初心者にもお勧めです

◎質問者からの返答

おお。本ならば簡単に試せそうです。ありがとうございます。


6-9件表示/9件
4.前5件|次の5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ