人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近特例で30万以下の費用を一括償却できるようになりましたが、それは税込みでしょうか?税抜きでしょうか?パソコンが税込みで30万を超えてしまうので悩んでいます。

●質問者: ahiruzuki
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:パソコン 費用
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kamisama
●5ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1096897927#

最近特例で30万以下の費用を一括償却できるようになりましたが、それは税込みでしょうか?税抜きでしょうか?パソコンが税込みで30万を超えてしまうので悩んでいます。.. - 人力検索はてな

税抜です。

◎質問者からの返答

荘ですか。安心しました。ありがとうございます。


2 ● wakapyon
●20ポイント

http://www.chusho.meti.go.jp/zeisei/faq45/faq45/faq22.htm

こちらが参考になります。

>税込304,500円(税抜価格290,000円)のパソコンを購入した場合、取得価額は、税込経理方式の場合は304,500円、税抜経理方式の場合は290,000円でそれぞれ判定されます。

◎質問者からの返答

なるほど。その方法によるのですね。ありがとうございます。


3 ● kimudon
●15ポイント

http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20031118A/

H15年度税制改正:30万未満は一括経費に! - [フリーランス]All About

採用している経理方式により違うみたいです。

◎質問者からの返答

うーん、今までそれ以外の経費は全て税込みだから無理かもしれませんねえ。ありがとうございます。


4 ● numak
●30ポイント

http://www.taxanser.nta.go.jp/5408.htm

タックスアンサーホームページリニューアルのお知らせ

少額減価償却資産の取得価額の判定基準のうち、30万円未満かどうかの判定は、税込経理方式を採用している場合は税込金額で、税抜経理方式を採用している場合は税抜金額で行うこととされています。

例えば、同じ29万9千円(本体価格)の資産の購入でも、税抜経理を採用していれば少額資産として一時に損金算入できますが、税込経理では、取得価額が30万円以上となるため、税務上資産計上のうえ減価償却が必要となります。

税込経理を採用していても、税抜価格で30万円未満かどうかを判定すべきという主張もあるでしょうが、最近の判決では、税込経理は一般に公正妥当と認められる会計処理基準であり、税込経理を採用した場合、消費税額も購入の代価に含めるべきと判示しています。

◎質問者からの返答

うーん、となると自分の会社の法式を調べる必要があるわけですね。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ