人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ある商品を考え付いたのですが、実現するには、どうすれば商品化できますか?
それと、特許の補遺法も教えていただければ幸いです。

●質問者: j015
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:特許 補遺
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● so-shiro
●20ポイント

http://www.hatsumei.or.jp/

発明学会

発明学会のホームページで検索・相談されてはどうでしょう。


2 ● TREK
●20ポイント

http://mori.nc-net.or.jp/fQA.php?qid=8910

技術の森

アイデアを出来るだけ具体化し、(スケッチ、図面、試作品)実績のある企業(家庭用品メーカーなど)とコンタクトを取るのが良いのではないでしょうか?

http://www.tukahara.co.jp/ideag65.htm

オーダーメイドの金属加工・製品作製「塚原総業?梶v

http://www.takahata-denshi.co.jp/factories/ems.html

http://www.1st-navi.com/idea_bosyuu_kigyo.shtml

1st-navi.com

アイデア募集企業のリンク集

http://www.daiya-idea.co.jp/idea/hint.htm

http://www11.ocn.ne.jp/~jenesis/innovation/bosyu.html

アイデア募集企業

アイデア募集企業のリンク集


3 ● madpoet
●20ポイント

http://www.jpaa.or.jp/

日本弁理士会

どのような商品なのでしょうか?商品によって生産方法が異なると思いますので、私の経験です。

仕事でクリスマスイルミネーションを作っています。新商品を立ち上げた手順ですが、

1.設計、2.試作、3.試作を元に金型設計、4.テストショットでの試作、5.金型修正、6.量産開始と言った感じでした。実際は試作品を持って営業に回ったり、外注との打ち合わせ、各種部品メーカとの価格交渉などがありました。

特許に関しては弁理士に相談するのが一番だと思います。私の勤め先は社長の知り合いが弁理士とのことで、信頼して特許に関する件を任せていたのですが、実は弁理士ではなく、真似事をしていただけと言うことがありました。

おかげで過去数年間に出願した特許は全て通らず、申請した特許のせいで新たな申請も困難になってしまいました。お金は掛かりますが、しっかりとした弁理士と相談するのが良いと思います。


4 ● kanemitu
●10ポイント

http://www.e-chiteki.com/

知的所有権協会

商品の内容がわからないので詳しくはいえませんが、まず知的所有権(著作権、意匠権、その他)の登録することをおすすめします。

後は商品化に手を貸してくれそうな企業に売り込んでみてはどうでしょうか?

◎質問者からの返答

まず「特許の補遺法」は「特許の取得方法」のうち間違いです。

so-shiro様

ありがとうございます。

TREK様

CADで描いて申請してみようと思います。

madpoet様

よい弁理士様を探してみようと思います

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ