人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

鍋物に入れる加熱用のカキと、生食用のカキとは、どうちがうのでしょうか?加熱用は、加熱しても、小さくならないのですが、生食用は、間津すると、ものすごく小さくなてしまいます。これは、カキの種類が違うのでしょうか?それとも、ただ、鮮度がいいのでしょうか?それとも、何か、加工されているのでしょうか?

●質問者: kokoura
●カテゴリ:グルメ・料理 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/14件

▽最新の回答へ

1 ● koro56
●25ポイント

http://www.umaizo.jp/nama-kanetsu.html

広島牡蠣、牡蠣について、栄養、生食用、加熱用、違い、指定海域、指定外海域、条件付海域、アルカリ性、タウリン、グリコーゲン

こちらでわかるでしょうか?

◎質問者からの返答

なるほど・・・生育される海域が違うと言う事なのですね。ありがとうございました。


2 ● jp0134
●25ポイント

http://www.hatena.ne.jp/awindow?qid=1097324084

URLはダミーです。

生食用と、加熱用の違いは、

菌の数の違いです。

見た目には、分からないですがそれで決めています。

◎質問者からの返答

生食用は、加熱すると、やたら小さくなってしまうのは、どうしてなんでしょう。菌の数・・・


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ