人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

光(Bフレッツなど)で接続した場合の最大通信速度って100MBが必ず出るんですか?出る場合、出ない場合、なぜそうなるのか、どなたか教えてください。

●質問者: babyfaith
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:大通 接続
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 20/20件

▽最新の回答へ

1 ● BrainOfKeios
●10ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

URLはダミーです。

たとえ話になりますが、

100Mbpsっていうのを秒間100リッターの

水が出る水道管にたとえます。

まず100リッターの水の出る大きい水道管

があります。

ここから分岐して10人の人が、

家までの水道管を通しました。

10人の人が同時に使うと水は10リッター

しか出ません。

でも深夜誰も使っていないときに

一人で使うと100リッターでます。

普段は、5人しか同時に使わないので

20リッターは出ます。

最大100リッター、平均20リッター、

最小10リッターの水道管

これが回線共有型(ベストエフォート型)

のBフレッツの仕組みです。

なお企業向けの光の専用線サービスなら

100Mbpsが出るかもしれません。

先の例で言えば、水道局から、

秒間100リッターの水が出る

水道管を直接引いているからですが、

ただこれも水道局(プロバイダ)の供給量を

超えるとそこまで出なくなる場合も

ありえますが…


2 ● sonance
●10ポイント

http://www.ane.cmc.osaka-u.ac.jp/~hasegawa/japanese/lessons/info...

スライドのP33に書いてあるように100Mbps(100MB)の

回線は1秒間に100Mbit(100,000,000Bit)の

データ伝送能力があります。

そういう意味では100MBitの速度がでます。

実際のWeb画面などでは離れた場所と正しくデータをやりとりする

ための工夫(主にプロトコルという言葉に代表されます)などによっ

てかなりのロスがあります。

またすでに多数の方が書かれていますが、100Mの回線が10本

あるから1G(ギガね)の上位回線を用意するって事は一般には行

われません。

●つまり光の部分だけなら100Mbpsの能力を持っているが

実際のサーバとPC(クライアント)の間では100Mbps

よりも遥かに遅い速度になります。


3 ● manmaluchan
●10ポイント

http://www.ntt-flets.jp/b-faq.html

NTTのBフレッツを利用しています。

実際何メガかはよくわかりませんが、一応ネットワークの状態は100メガをキープしているようです。

今年の3月くらいの工事の前に、NTTの担当者と話したところ、今のところ終端装置が占有になっているところが多いので、後はお客さんのところの設備しだいといわれました。とゆうわけで、今は2台のパソコンを有線LANと無線LANで接続させていて、無線には54メガの速度をだせるものを買ってきました。

2台同時接続でも、通信自体が早いので、無線のほうも有線のほうの邪魔をしていないんだと思います。ただ、ルーターを買うときに思ったんですが、案外安く売ってるルーターの速度が遅い場合があります。99メガがルーターに入り込むもの(わかるかな?わたしの説明で)と、そうではないものがあるのでもし複数のパソコンをつなぐようなら気をつけたほうがいいと思います。

(意味がわかんなかったらごめんなさい)


4 ● あしか祭り実行委員長
●10ポイント

http://www.ntt-east.co.jp/databook/

トップページ | インフォメーションNTT東日本2007 | NTT東日本

↑のデータブック104ページに「7.シェアドアクセス方式を利用した加入者光ファイバ料金」という設備構成図があるでしょう。

これがいわゆるBフレッツのニューファミリータイプっていうやつです。

この絵の右側にある緑色の装置がありますよね。そもそもこの装置の最大伝送速度が100Mなんです。

で、絵をよく見るとわかるけど1本の光ファイバを最大32ユーザで共有するサービスなわけです。

理論的には1ユーザが1本の光ファイバを占有して使えれば最大通信速度は出る可能性はあります。ただし、途中にいろいろな装置や接続箇所があれば必ずそこでロスが発生するわけで、さっき説明した緑色の光信号伝送装置の最大伝送速度が100Mだったらユーザ側で100M出る可能性はかなり低いですね。ユーザ宅に来る前に100M出てないですから。

で、どなたかが回答されてましたが、SBBやっているのは、最大伝送速度が1Gの光信号伝送装置を使って、ベストエフォートサービスで最大100Mってサービスです。

この場合、ユーザ側で100M出る可能性はBフレッツより高いことはおわかりでしょう。単純に計算上、Bフレッツの10倍の速度(100Mリミットですが)が出る可能性があるのです。

ですから、Bフレッツで10M以上出ているユーザがSBBのサービスに移れば100M出る可能性は大と言えるでしょう。たとえ32ユーザがついていたとしても30M出るわけです。Bフレッツだったら3Mです。サービス品質を考えれば、NTTもSBBも32ユーザ目一杯を1本のファイバに収容するわけはありませんから、SBBはかなり期待できますね。

基本的にはベーシックタイプも同じ考え方です。途中に余計なものがあればあるほどロスが出る分、最大速度が出る確率は下がります。シェアドタイプよりは安定して速度は出るでしょうけどね。

現時点での結論を言うと、BフレッツよりはSBBの光サービスの方が100M出る可能性は高いのではないでしょうか(シェアドアクセス方式の話ですが)。


5 ● Nazo9x
●10ポイント

http://www.google.com/

Google

URLはダミーです。

ベストエフォートだからと言うのもあるけど、出ません。

まあ出ない理由はいくらでもあるのですが例としていくつか。

1:1つの経路を複数で共有すると渋滞する。

2:100Mbpsというのは通信速度ではあるが、どこにデーターを送るかといった、データーそのもの以外のデーターも含めて100Mbpsであるということ。

3:必要なデーター以外のものも帯域を占有している(ブラスターのアタックとか)

などいくらでも理由は思いつきます。


1-5件表示/20件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ