人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

マンションに住んでいます。先日の台風で部屋が雨漏りをし、本が濡れてしまいました。数冊の本はパリパリになってしまい、読めたものではありません。ガックシ。それは私が遠方に外泊していた時のことでした。こういうのって、大家とか何かが弁償とかしてくれないんですかねえ?試しにここで聞いてみます。もしくは、弁償させるテクニックでも構いません。

●質問者: jyantadesu
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:パリ マンション 台風 大家 雨漏り
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● hinop
●14ポイント

http://www.ultracyzo.com/cyzo/contents/0303/gyokai/01.html

マンションで雨漏り対策をしていなかったんですよね?

でしたら、大家さんに苦情を言う権利はあるかと思います。

たとえ築年数が古くとも、対策はすべきですから、そういうことを言ってみてはどうでしょう。

http://sumai.nikkei.co.jp/know/soudan/back.cfm

住宅ねっと相談室 : 住宅情報 - 日経住宅サーチ

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● yama1966
●14ポイント

http://www.hou-nattoku.com/consult/331.php

[法律相談331] 台風の影響で車に傷がついたけど、これって誰の責任? - 法、納得!どっとこむ

とれそうですけど、減額されそうです。本の場合はよほど社会的に価値あるものでないと難しいかも知れません。個人的に非常に価値のある本だと主張すればあるいは…。でも大家の心象は害するかもしれません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● mipapa
●14ポイント

http://www.hokende.com/mrt030/ji_travel/kurashi_hoshou.html

雨漏り自体は無償で修理してもらえる可能性大です.

家財道具にしても,テレビやパソコンといった高額商品が

被害をこうむったとなれば,

貸主の過失がある場合,損害賠償として弁償してもらうことができます.

しかし,本となると弁償は難しいかもしれません.

家財保険(URL参照)に入っていれば,

そこから出してもらうという手もありますが,

本ですと免責額に満たない可能性も大いにあるので

それも難しいと思います.

やっぱり大家さんとの直接交渉が一番だと思いますよ.

◎質問者からの返答

なるほどなるほど。


4 ● 1500曲を突破♪
●14ポイント

http://www.nissay.co.jp/kojin/syouhin/sonpo/jyutaku/index.html

お住まいの賃貸契約書を読んでみましたか、おそらくそういう場合の責任を大家さんが巧妙に回避できるような条項が記されているはずです。それでもあきらめられない場合は、最寄の法律事務所にご相談ください。

べつに保険のセールスマンではないですが、住宅総合保険というのをこの際、少しばかり研究してみるのもよろしいのではないでしょうか。風災、水災、落雷など幅広いケースを補償しています。

では失礼いたします。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● MYO
●16ポイント

http://www.jcp-itabashi.gr.jp/manshon/soudan/man4_2.html

相談事例2

上記のさいとは似たような判例になりますが、ご利用のマンションは賃貸でしょうか?

ということであれば、基本的にはマンションの管理組合ないしはそのマンションを貸していただいた不動産会社を経由してご自身が弁償なり修繕の依頼を行い、基本的には不動産会社と大家さんとの間で修繕を行うようになります。

ここで問題なのは、大家と不動産会社の契約の内容にもよるのですが、基本的には不動産会社に直接責任はないということです。あくまで大家さんが所有する物件の管理や陳謝における手続きの委託を受けているという立場です。

その為、弁償をお願いする場合には、どのような理由でまず雨漏りが発生し、それは防ぎ得なかったことなのかどうかを確認します。その後、ご自身が弁償なり修繕を依頼されたいその内容と金額費用的な内容を予め見積もっておき、不動産会社が大家さんと相談確認を行いやすいようにします。

大家さんがマンションの部屋だけの持ち主の場合、マンション全体を管理する管理組合や管理委託会社と大家さんがまず独自に修繕費用や管理費用などの積み立てを行っており、それとは別に大家さんが不動産会社に賃貸物件として利用する際に別途契約を結んでいることがあったります。

この場合、大家さんとしては可能な限り費用を少なく修繕に努めたいと考えているので、共有部分が原因での雨漏りなのか、それとも部屋そのものの単体の部分が原因でのことなのかが意外と重要になったりします。底が修繕や弁償などに伴う示談交渉の争点になると思います。

よほど酷いケースでない限り、大家さんと管理を痛くされた不動産会社と円滑に話し合いをされることが基本となりますので、譲歩するところは譲歩(聞く耳をしっかりと持つという意味で)し、主張するべきことは主張された方がベストです。

また、賃貸物件の契約において、借り手側だけに著しく不利な契約内容は、無効となる場合があります。

そういった法的な確認などは一般的な知識では応対が難しいので、それら契約内容などに関しても不動産屋さんと相談されるなり、もしくは住宅紛争における相談センター(

http://www.hdssc.jp/

相談ネット -住宅に関する相談窓口・紛争処理機関・相談事例のご案内-

)等に問い合わせされるのも一つの手です。

場合によっては費用がかかることもありますが、被害額が相当数である場合、むしろ交渉における時間的な手間を省けますから、元は取れるかと思います。

尚、不動産賃貸における契約書はその内容も文言的に難解で、逆に大家さん自身が不動産会社さんとの契約の内容を正確に把握されていないケースがあったります。

ある程度は保険で保証もされる契約がベースになっているそうですが、双方に痛み分けをしなければならない場合もありますので、冷静に話し合いをされるのが吉です。

可能なら、本を弁償いただけると良いですね。後は濡れた壁や床がかびなければ良いのですが。。。(結露との関連性を指摘された場合、実は紛争解決が困難になる事が多いので(^-^;)

ではでは。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ