人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

諸外国における血液ドーピングの現状について紹介されているサイト(英文可)があれば御教示ください。

●質問者: so-shiro
●カテゴリ:趣味・スポーツ 医療・健康
✍キーワード:サイト ドーピング 外国 血液
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● Memen
●6ポイント

http://www.anti-doping.or.jp/news/news0001.html

財団法人日本アンチ・ドーピング機構[Drug Free Sports]

『世界アンチ・ドーピング機構と日本アンチ・ドーピング機構』

ご参考までにどうぞ。

http://www.mbcl.co.jp/doping/faq.html

『私たちは、国内だけでなく諸外国からドーピング検査を受託し、スポーツの健全な発展に貢献しています。』という、三菱化学ビーシーエルのFAQです。

◎質問者からの返答

すみません、「ドーピング一般」ではなく、「血液ドーピング」に限っての回答を御願いします。


2 ● wakapyon
●15ポイント

http://www.mbcl.co.jp/data/doping/06.html

こちらはどうでしょう?

http://www.mbcl.co.jp/data/doping/07.html

同じページ内の「ドーピングの歴史」も役に立つと思います。

http://www.jta-tennis.or.jp/doping_control/index/sub_text/sub_te...

知ってほしいドーピングの知識

こちらの「知って欲しいドーピングの知識?〜?」も詳しくて参考になりますよ。

◎質問者からの返答

ドーピングに血液検査導入

いわゆる「血液ドーピング」に対抗する措置として、2000年のシドニーオリンピックで初めて実施され、2002年に日本・韓国共催で開催された世界的なサッカーイベントでは、公式に初めて血液を検査材料としたドーピング検査が導入されました。

これは、血液中のエリスロポエチン(EPO)を対象としたもので、距離競技選手などが持続力を高めるために、EPOを使用して赤血球量を人工的に増やすことへ対抗するために実施されることとなったものです。

今回のアテネでは血液検査はなく、尿検査だけでしたよね。とすると、「血液ドーピング」は危険(死亡例が多いと聞きます)なので、現在では主流でなく、筋肉強化ステロイドの方が使われるのでしょうか?


3 ● kmyken1
●60ポイント

http://www.texarkanacollege.edu/~mstorey/beckham.html

Blood Doping

英文サイトからいろいろ探してご紹介していきます。歴史、副作用、現状等が簡単にまとめられています。

http://www.pcrealm.net/~slik1/17.htm

Page 17 - Blood Doping

血液ドーピングの方法

http://www.geocities.com/laraleac/page3.htm

Blood Doping

ドーピングの効果と関連リンク

http://www.mesomorphosis.com/articles/haycock/blood-testing-and-...

Is Blood Testing the Next Step in Doping Control? by Bryan Haycock

ドーピング検査に血液検査もはいってくるのか?

http://www.americanpressinstitute.org/content/4583.cfm

2004 Summer Olympics: Blood Doping and Drugs - American Press Institute

先のオリンピックとの関連です。

http://www.physioroom.com/research/blood_doping_1.shtml

一つ上のサイトからたどっていて見つけました。専門的に述べられています。

◎質問者からの返答

good!まさに求めていた回答です。

検索ご苦労さまです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ