人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

卒論のために音楽について質問です。
1.音楽というものは、いつ世界にできた(発生した)ものなのか?
2.作曲するための基本的なこと、方法などがのったホームページを探しています。
1は、そういったコトが論理的に乗った、ホームページなどを紹介してもらえるとうれしいです。ちなみに、「俺はこうだと思う」といった、個人の意見は控えていただきたいと思います。
私自信、音大ではないので、専門的なことが分かりません(泣
そんな私のために、よろしくお願いいたします。。。

●質問者: RyouHaduki
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ホームページ 作曲 卒論 意見 論理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● TREK
●14ポイント

http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/1414/newkodai.htm#kige...

音楽史,音楽の起源,古代の音楽,キリスト教の音楽,中世,世俗音楽

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E5%8F%B2

音楽史 - Wikipedia

http://www.minpaku.ac.jp/publications/ser/47.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

なかなか見やすいHPでした〜


2 ● 1500曲を突破♪
●14ポイント

http://www.denen.org/wasei/

<2>の方の答えです。いわゆる「楽典」と称されるもので(いわば)音楽の文法みたいなものです。ポピュラー・ミュージック関連のところ(ギター関係とか)にはもっとわかりやすく書かれたものがります。ようするにコード(和声)の基礎知識と和声の発展というかコード・プログレッションのことなのですが、(実際はそんなのしらなくても作曲はできますが、なぜかできるメロディーは通常この楽典に沿いしたがったものになるものです)。ということで<2>にはこれが必須ですよーん!!

◎質問者からの返答

をを!!すごくみやすい!

ありがとうございます!必須ですかぁ〜

勉強しておきます(*’-’)b

たすかりまっす!


3 ● 1500曲を突破♪
●14ポイント

http://ds.hbi.ne.jp/netencytop/index.html

ネットで百科

あくまでも「卒業」するための(その手続きとしての)論文の作成であるなら、有料サイトですがここで「音楽」の項にあたってみると全体像が俯瞰概括できて役に立つでしょう。(おそらく)「絵画や彫刻とともに人類の始源にまでさかのぼる・・・」てなことが書いてあるはずです。

何か3分間だけ無料のお試しタイムがあるようです。って大学とか最寄の図書館で百科事典にあたればすむけどカット&ペーストで卒論ってのもラクでいいかも。

◎質問者からの返答

ふむふむ・・・

とりあえず、3分間おためしタイムみてみますね。

ありがとうございました^^


4 ● maruru1
●14ポイント

http://www.ipc.fukushima-u.ac.jp/~p084/riron/Bach-Style/BTaii-0....

私も<2>に対しての回答です。

上の方が「和声学」について書いているので、私は「対位法」についてのURLを乗せました。

クラシックの作曲にかんしては、やはり「和声学」と「対位法」が2本柱で、片方だけではダメなんですね。

音大では必ずこの二つを勉強します。

対位法では、フーガやカノンの作曲法を勉強します。

◎質問者からの返答

なるほど!対位法ですか〜

聞いたことはあったんですが、どんなのかは知らなかったんですよねぇ〜

ありがとうございます!

勉強させていただきます〜


5 ● ねがい かなみ
●14ポイント

http://www.critical.ne.jp/~monoe/index.html

作曲する言葉/コラムと音楽の本の紹介

卒業論文で曲をお創りになるわけじゃなさそうですね。

読み物としての作曲法の書籍ガイドサイトのようです。こちらからいい本や文章に出会えると良いですね。

(なにか選択して推薦しようかと思いましたが,やめました。ご自身の趣旨にあう物をお探し下さい)

http://www.yamaha.co.jp/edu/student/museum/gakuten/

MUSIC PAL - 学校音楽教育支援サイト - | YAMAHA

作曲をするためには、楽典的知識は不可欠です。楽典とは、英語でいえば英文法に相当する,音楽の基本的な書き方のルールのようなものだ、と思って下さればいいと思います。入門的サイトをあげておきますが、より詳しくお知りになりたければ、音楽之友社の「楽典-理論と実習」という書籍がお勧めです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4276100003/250-0058390-...

Amazon.co.jp: 楽典―理論と実習: 本: 石桁 真礼生,末吉 保雄,丸田 昭三,飯田 隆,金光 威和雄,飯沼 信義

こちらが楽典の本です。音大受験生の友ですね。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/edu/se322045.html

また、和音をつないで行くルールというのもある程度決まっていて,それが和声法といわれる物です。

音楽之友社などから書籍も出ていますが、windowsパソコンであればこのソフトで勉強できるみたいです。うちはマックですのでテストできなくてすみませんが。

良く、整列して礼をする時の合図に

「ドミソ」「シレソ」「ドミソ」と、和音をピアノで弾いたりしますが、あれも基本的な和声法の一つなんですよ。

http://www.at-elise.com/Music/User/html/hamori_index.html

楽譜配信サイト『@ELISE』

こちらのサイトも、和声法の勉強に役にたちそうです。

以上の話は、西洋音楽の世界の話で、卒業論文がどこまでの世界でお書きになられているのかが分からないので、コレくらいにしておきますが、西洋音楽も地球のいろいろな音楽の1種類にしか過ぎません。

俗に民族音楽といいますが、いろいろな世界でいろいろな音楽のなり立ちがあって面白いです。

ドレミファソラシド+半音の12音を使うとは限らず,民族によっては、半音以下の狭い音域にさらに音階を作っちゃっているすごいヒト達もいますから。

方向性をある程度書いていただけると、探しやすいかと思います。

一応、芸術系大学で音楽理論と作曲と民族音楽学の授業を取っていたくらいの者ですが、何かあれば詳しく書いていただければ探しますよ。では。

◎質問者からの返答

いろいろあるんですねぇ〜

こんなに探していただいてありがとうございます^^

ちなみに、作曲も卒論です(笑

音大ではないですが、音楽の関係する仕事につくので、そういったゼミがあるんです^^;


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ