人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

スリランカのおけるタミル文化とシンハラ文化の違いがよくわかりません。
特に文化的視点かた教えてください。
お願いいたします。

●質問者: mama3352
●カテゴリ:旅行・地域情報 芸術・文化・歴史
✍キーワード:スリランカ タミル 文化
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● astral_box
●16ポイント

http://www.jbic-ny.org/jp/interview_01_04.html

文化についても書いていたので参考になればうれしいです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます、参考になりました。


2 ● inagaki_hisato
●16ポイント

http://f1.aaacafe.ne.jp/~home/kikou2.html

スリランカの民族紛争ーその背景と解釈ー

http://f1.aaacafe.ne.jp/~home/kikou2.html#h

スリランカの民族紛争ーその背景と解釈ー

一つ目のURLのページの途中に文化についての記述があります。

http://www.jca.apc.org/baj/srilanka1.htm

シンハラ人は仏教徒でタミル人はヒンドゥー教徒という違いも大きいかもしれませんね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます


3 ● so-shiro
●16ポイント

http://www.imadr.org/japan/jc/newsletter/123/2.html

もともとは仏教徒であったシンハラ人の居住する島でしたが、タミル人の移住が始まって以来の対立が続いています。

仏教徒であるシンハラ人は争いを好まないと思うのですが、スリランカでは違ったようです(この辺の事情はよく分かりません。スミマセン)。宗教が違うと食べ物まで違う国ですから、対立がなかなか解消されないのだと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます


4 ● 1500曲を突破♪
●20ポイント

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/srilanka/data.html

外務省: スリランカ民主社会主義共和国

伝統的な文化としてはシンハラ文化、人口も大半がシンハラ人で、シンハラ人の国家であること。

西欧帝国主義下における紅茶やゴムのプランテーションの労働者としてタミール人が多く流入し、これが市民権のないままに定住化。インドからの独立後もこのタミール人の問題は両国間の課題となる。

http://www.cia.gov/cia/publications/factbook/geos/ce.html

World Factbook Redirect — Central Intelligence Agency

アメリカ中央情報局(CIA)のスリランカ関連ページ

◎質問者からの返答

ありがとうございます


5 ● kmyken1
●20ポイント

http://www.diplo.jp/articles04/0402-5.html

ディプロ2004-2 - Un Etat << de facto >> pour les Tigres tamouls

まだ紹介されていないサイトをいくつかみつけてきました。

スリランカ和平への長い道のり

http://www.kosei-kai.or.jp/news/2002-06/0603-01-04.shtml

立正佼成会 | ニュース

宗教をめぐる対立も大きいようです。

http://www.seikyo.org/asiawave206.html

Seikyo:MediaPage:asiawave206

も関連サイトです。

http://www.minpaku.ac.jp/staff/sugimoto_yoshio.html

こちらで紹介されている文献も役に立つかもしれません。

◎質問者からの返答

こまかくありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ