人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

映画化・ドラマ化された作品について質問です。

小説・漫画などが原作で映画化またはドラマ化された作品について

?よくぞここまで映像化してくださいました!(推奨!)
?試みとしては悪くなかったです(容認)
?なかったことにしてください・・・・。というかベツモノ?(抹消/苦笑)

というものをコメントつきでご紹介ください。思い入れのある作品だと嬉しいです。


以下の条件でお願いします。

◎原作を先に読んだものに限ります(できれば映像化情報が入る前、キャスト等の先入観なしで読んだもの)
◎原作となる小説・漫画はフィクションでなくてもかまいません。
◎ただし漫画のアニメ化は除外します(小説のアニメ化作品はOKですが、あくまで原作が小説のものでお願いしますね)
◎できるかぎりでけっこうですが、原作についてはISBNを、映画・ドラマについては何年の作品かと主なキャストがわかる参考URLをお願いします。

既出であっても感想はそれぞれだとおもいますので、かまいません。コメントに力をいれていただければありがたいです。

●質問者: libraria
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:ISBN URL アニメ化 キャスト コメント
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 60/60件

▽最新の回答へ

1 ● atatamogura
●15ポイント

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31269/

落下する夕方 - goo 映画

江國香織?の「落下する夕方」を合津直枝監督が、原田知世主演で同名で映画化した作品は原作並にすばらしいと思いました。江國香織は、少ない言葉で、行間から雰囲気をにじみ出させる独特の作風を持った作家ですが、原作の持つ空気感を2時間の映画にみごとに収めていることはすごいと思いました。この監督は是枝裕和監督「幻の光」のプロデューサーでもあるのですが、やはりこの映画も宮本輝の同名の小説の雰囲気が非常にうまく出た傑作となっています。

◎質問者からの返答

早速の回答ありがとうございます。

原作に思い入れがあると映像化にはなかなか点数が辛くなるのでは、というのが大元にあっての質問なので、?の回答を2つもあげていただけるとは嬉しいかぎりです。

実は映画もドラマもそんなに詳しくないので(汗)回答へのコメントは簡素なものになるとおもいますので、ご了承ください。


2 ● so-shiro
●15ポイント

文庫 新版 指輪物語 全9巻セット

文庫 新版 指輪物語 全9巻セット

  • 作者: J.R.R. トールキン
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • メディア: 文庫

はてしない物語

はてしない物語

  • 作者: ミヒャエル・エンデ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 単行本

デューン砂の惑星 (1) (ハヤカワ文庫 SF (76))

デューン砂の惑星 (1) (ハヤカワ文庫 SF (76))

  • 作者: フランク・ハーバート
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

?『指輪物語』

正直言って、この作品が映画化されるなど想像もできませんでした。主人公のフロドにしたって、ホビットという小人という想定ですからね。

映画は見るまで余り期待していなかったのですが、監督の演出の冴え、納得のいく映像化に感動です。

作者のトールキンにも見せたかったです。

?『はてしない物語』

これは、ちょっとしようがないかな?

エンデの原作そのものが、意表をつく構造なだけに映像化するのは困難でしょう。

映画は努力賞、というところでしょう。

?『砂の惑星』

これは原作の、主人公の特異な能力については映像化できず。もっと哲学的な話なんですけどね〜〜。

ま、映画はグロテスクな怪獣や人物は出てくるし、それはそれで楽しめるのだけど。まったく別物です。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

『指輪物語』が?にあがってて嬉しいです(笑)

『はてしない物語』はエンデ自身が映画の作品の解釈の違いに腹を立て訴訟を起こしたといういわくつきでしたよね〜。


3 ● morningrain
●15ポイント

http://www.jtnews.jp/

みんなのシネマレビュー

サイダーハウス・ルール〈上〉 (文春文庫)

サイダーハウス・ルール〈上〉 (文春文庫)

  • 作者: ジョン アーヴィング
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 文庫

青い春―松本大洋短編集 (Big spirits comics special)

青い春―松本大洋短編集 (Big spirits comics special)

  • 作者: 松本 大洋
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: コミック

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)

  • 作者: スタニスワフ レム
  • 出版社/メーカー: 国書刊行会
  • メディア: 単行本

1 『サイダーハウス・ルール』(ラッセ・ハルストレム監督 1999年)

原作はやや長いところもあって、アーヴィングならではの書きすぎ的なところもあるのですが、映画は本当にうまくまとめてあるし、スパッと感動させる。原作ではおざなりだったラーチ先生の描き方ともよいです。まあ、原作者が脚本書いたってのもありますしね。

2 『青い春』(豊田利晃監督 2002年)

原作ファンからすると、木村の描き方とかは「違う」のですけど、映画としてはよくできていると思います。青木の描き方に関しては短編をうまくふくらませて、説得力のあるものになっていると思います。

3 『ソラリス』(スティーヴン・ソダバーグ監督 2002年)

ここで取り上げる映画のは1972年のタルコフスキーの『惑星ソラリス』じゃなくて、2002年のソダバーグの『ソラリス』。原作から哲学的な謎と果てしなく広がるソラリスの海のイメージを取り除いてあって、単なるメロドラマになっています。ソダバーグはSF的センスや趣味が全くなさそうで、なぜこの原作で映画を撮ろうとしたかは大きな謎。ソダバーグ自体は嫌いじゃないけど、この作品は生涯の汚点でしょう。

詳しいキャストなどは以下のサイトで調べられます。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

1について、原作者が脚本を書いたのなら人物像がトホホということがなくてよいですね。

また便利なサイトを紹介いただきありがとうございました。


4 ● 1500曲を突破♪
●15ポイント

サイダーハウス・ルール〈上〉

サイダーハウス・ルール〈上〉

  • 作者: 真野 明裕 ジョン アーヴィング John Irving
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 単行本

華氏四五一度 (ハヤカワ文庫 NV 106)

華氏四五一度 (ハヤカワ文庫 NV 106)

  • 作者: レイ・ブラッドベリ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

トパーズ

トパーズ

  • 作者: 村上 龍
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 単行本

(なんかマシンの調子がおかしくて途中でうぷされてしもうたようですけど)

「サイダーハウスルール」(上・下)

アーヴィングの原作読んだときの絶妙のヘンな感じがスクリーン上で見事によみがえってきた。すばらしかった!!

「華氏451」

(911ではないです)ブラッドベリの原作、なるほど映画にするとこうなるかにつては納得したけど、ちょっと違うかな。

「トパーズ」

小説はあんなにすばらしい傑作なのに、、、、。映画はひっでえの極致。見てるのが恥ずかしいぐらい。原作者が自分で映画してるんだけど村上龍って監督としては・・・・ども

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

>映画はひっでえの極致

原作者が製作に携わってもそういう結末もあるわけですね・・・。


5 ● melll
●15ポイント

http://www1.tv-asahi.co.jp/ov/

Dr.コトー診療所 (15) ヤングサンデーコミックス

Dr.コトー診療所 (15) ヤングサンデーコミックス

  • 作者: 山田 貴敏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: コミック

OLヴィジュアル系 Vol.18 (GIGAコミックス)

OLヴィジュアル系 Vol.18 (GIGAコミックス)

  • 作者: かなつ 久美
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • メディア: コミック

ホットマン (Vol.1) (ヤングジャンプ・コミックス)

ホットマン (Vol.1) (ヤングジャンプ・コミックス)

  • 作者: きたがわ 翔
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: コミック

?Dr.コトー診療所

妙にタイムリーなものかもしれませんが、よくぞここまで映像化!とのフレーズで一番に浮かびました。

原作のモデルになった島で撮影すれば、それはそのままと言えるかもしれませんが、正直サブキャラクターの一部がイメージと違いすぎたのですが(年齢とかも)、それはそれでいいのかもしれないと思えました。最近新刊も発売されて、スペシャルも放映するし、ほくほくです。

?OLビジュアル系

容認ってのは選択が難しかったですね(笑)。

原作の桜田門は声が高いイメージだったので、鈴木紗理奈さんのハスキーボイスが合わないとは思ってたのですが、実際はキンキン声であのテンションを30分見ているのはキツイのに気づきました。

原作のテンションをきっちりだそうとしていたところが容認理由です。というか、ドラマもしっかり面白かったです。

?ホットマン

GTOと迷ったのですが…。

ジャンレノ似のキャストを期待していたので、普通のイケメン俳優に調子よくやられてしまった(当然台本のせいなんですが)ということしか言えない…。

できれば別のキャスト(ジャンレノ似か、あの雰囲気を出せる方)でやり直して欲しいです…。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

どれも最近のドラマですね。

実は一話もみたことがないのですが、?は原作を知らない周囲でもかなり評判でした。


1-5件表示/60件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ