人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

昨日と一昨日地元で秋祭りがありました。
秋祭りの季節になるといつも思うことがあります。
それは神を祭ることの矛盾です。
別に神を祭ることが悪いといっているのではなく、
10月といえば神無月であり、諸国の神様は出雲の社に集まっているはずです(したがって八雲地方のみ神有月と呼ぶ)
つまり神が不在でありながら神を祭ることにどういう意味があるのだろうかということになります。
秋祭りというのは神に今年の無事収穫を感謝するためのものです。
しかし、神様が不在の神社に神楽を舞い神に収穫の感謝の辞を述べたところで意味を持たないのではないかと思うのです。
この内容について、納得のできる文面を探しています。

●質問者: AMark
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:10月 八雲 出雲 地元 地方
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● auren
●10ポイント

http://www.h3.dion.ne.jp/~haujingu/newpage%20gyouji10.htm

神無月は収穫の時でもあります。田畑を耕す季節に村里に降りてきた神々が、収穫とともに去っていく季節でもあります。秋祭りは、収穫感謝の祭りであるとともに、収穫をもたらせてくれた神々を送る祭りとも言われてます。

ということで、送ったあとにいなくなるという考え方です。

http://www.melma.com/mag/27/m00001627/a00000002.html

このメルマガのバックナンバーは移動しました - melma!

こちらは本来は「神の月」だったという説です。


2 ● TomCat
●100ポイント

http://www.ffortune.net/calen/izumo/kanna.htm

神無月

神社の世界は旧暦ですから、

まだ各神社の御祭神はそれぞれの神社に

鎮座坐していらっしゃるかと思われます。

◎質問者からの返答

なるほど、旧暦で且つ16日間なのですね。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ