人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

札幌の冬(11月〜3月)の暮らしというのは、大抵の日において、厚い灰色の雪雲に覆われる下、雪が降る中を、アイスバーンの路面を歩くものとなります。
さてあなたが、ほぼ毎日そういう環境にいると考えてください。
このとき、そういう生活を肯定的にとらえるにはどうしたらよいと思いますか。

●質問者: tentaku
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:11月 3月 あなた アイスバーン 暮らし
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● plenty
●40ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1098126169#

札幌の冬(11月〜3月)の暮らしというのは、大抵の日において、厚い灰色の雪雲に覆われる下、雪が降る中を、アイスバーンの路面を歩くものとなります。 さてあなたが、ほぼ.. - 人力検索はてな

外は寒くても屋内は暖かいということに(小さな)幸せをかみしめる

いずれ春が来て雪が解けるという季節のダイナミックな変化を楽しみにする

雪国ならではの自然の造形美を探す

あまり深く考えずにおいしいお酒でも飲む

とはいっても雪のそれほど多くない地域に住んでいると、雪国の暮らしを想像することしかできません。的外れでしたら申し訳ないです。

◎質問者からの返答

外は寒くても屋内は暖かいということに(小さな)幸せをかみしめる

……

こういう小さなところに幸せはあるのかもしれませんね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ