人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

昔、理科の実験で、なにかの薬品?がついた試験紙を舐めさせられました。
理科の先生曰く、「この試験紙を苦い(だったかな?)と感じる人は、祖先にロシア系の血筋がいる」との事。
その時はクラス全員が試して、3割ぐらいが『苦い』と感じてた気がします。(私も苦いと感じました)

質問としては
・その試験紙は本当にロシア系がわかるのか?
・その試験紙の名前は?
・一般人が購入できるのか?
です。宜しくお願いします。

●質問者: miyamakuwagata
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:クラス ロシア 一般人 先生 名前
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● so-shiro
●5ポイント

http://www.material.eecs.kumamoto-u.ac.jp/mikaku.html

試験紙そのものを示すサイトはなかったし、味覚に人種差があるかはまだわかっていないと思いますが、味覚センサなるものはすでに開発ずみのようです(上記URL)

http://www.material.eecs.kumamoto-u.ac.jp/mikaku.html

わかりやすけど、詳しすぎる説明。

理科の先生は「塩化カリウム」の溶液を使ったのでしょうか?

http://ultrabio.ed.kyushu-u.ac.jp/

味覚センサ・匂いセンサの開発・研究をしている九州大学の都甲教授のサイト。

◎質問者からの返答

そんなものは無いという事でしょうか?


2 ● じゅげむ
●20ポイント

http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&q=%E3%83%95%E3%82%A...

「フェニルチオカルバミド」という物質が塗りつけられた試験紙だと思います。この物質の受容体は遺伝により持つ人と持たない人がいるそうです。持つ人はこの物質を苦く感じます。自然界には存在しないそうです。

ロシア系かどうか分かるか,ということについては,自分は調べることが出来ませんでした。ただ,クラスの3割が苦く感じた,というのは少ないと思いました。おそらく主観が入る簡単な調査のため気づかなかった人がいるためでしょう。

http://www.google.co.jp/search?q=cache:z3JTYdHnPwoJ:rika.educ.ku...

遺伝の授業でフェニルチオカルバミドが利用される例が載っています。略称はPTCです。PTC試験紙が市販されているかどうかは分かりませんでしたが,おそらく教材を扱う業者か生物系材料や試薬を扱う業者を通して入手できると思います。

◎質問者からの返答

おっ!かなり核心に近づいた気がします。


3 ● ed_tks
●20ポイント

http://biochem.chem.nagoya-u.ac.jp/~okuwaki/diary/old/950814D.HT...

試験紙の名前は『味盲試験紙』ではないでしょうか?『フェニルチオカルバミド』という物質が染み込ませてあります。

http://www.affymetrix.co.jp/event/affymetrixday/no2.html

「フェニルチオカルバミドを苦いと感じる、感じないというような味覚の違いは、何らかの遺伝的背景によって引き起こされているのです」

遺伝的な背景はあるようですが、ロシア系だという判断については分かりませんでした。

◎質問者からの返答

「フェニルチオカルバミド」二人目ですね。

たぶんこれかな?


4 ● きょくせん
●20ポイント

http://medical.tanabe.co.jp/public/science/2003_2_21/sci_jsumm.s...

PTC味覚感受性ではあんまり人種の特定は

できそうになさそうですが、根拠となるデータ

を探せませんでした。サイエンスを持ってきて

翻訳するしかないのかも知れません。

◎質問者からの返答

なるほどー。


5 ● so-shiro
●15ポイント

http://www.fides.dti.ne.jp/~fuyamak/genetics/chap5.html

chap5.html

さきほどの回答は的外れでした。

理科の先生は「味盲試験紙」というのを使っていたのですね。その内容は回答者2、3の方の紹介のとおりと思います。

で、遺伝関係ですが、このサイトでは「常染色体性劣性遺伝である、日本人では約10%の頻度でみられると」と説明。

結構有名な実験のようなので、理科の先生方には常識なのかも。PTC試験紙は学校教材を扱っているところで手に入るのかもしれません。

http://www.fides.dti.ne.jp/~fuyamak/genetics/chap5.html

chap5.html

分子人類学的には味盲の遺伝子の発現率はアイヌ<本土<琉球、

ただ、アイヌ人は白人ではないですよね。

http://ha3.seikyou.ne.jp/home/polaano/syakai.htm

で、このサイトの下の方に『人種とは何か』という岩波新書の紹介があり、人種の特徴を調べるのに、味盲も利用されているので、この本を読むと何かわかるかもしれません。

理科の先生のおっしゃることは味盲はロシア人には少ない、という意味と思うのですが、URL上で味盲の頻度が「ロシア人<日本人」という記載は見つかりませんでした。

◎質問者からの返答

なるほど〜大体理解できました。

この辺で終了します。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ