人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今回の新潟の地震では大変な被害になりました。車で土砂崩れに遭った母子3人も最後の奇跡は起こらずお母さんと長女が亡くなってしまいました。大変残念な事ですが、レスキュー隊も昨日から夜通し作業を続けていましたが、この様な天災の場合は、作業に対する請求はないのでしょうか?山で遭難したら、山岳救助隊を頼むと料金が高いので、地元の消防に頼んだりすると聞きます。何か判り易い基準の様なものはあるのでしょうか?

●質問者: suzy-1
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:レスキュー 地元 地震 天災 奇跡
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● myanagishita
●20ポイント

http://web.archive.org/web/20040208221912/http://osaka.yomiuri.c...

もの知り百科・Q&A

あまり詳しいことは書いてありませんが、参考程度にいかがでしょうか。

◎質問者からの返答

回答有難うございます。

税金で賄ってくれるんですね。

山は高いってのは私の勘違いだったのかも知れません。


2 ● TomCat
●20ポイント

http://www.pref.shimane.jp/section/shoubou_bousai/chisiki/kyujyo...

まず、今回の地震の場合は災害救助法の適用になりますので、

様々な救助にかかる費用は基本的に公的負担となります。

都道府県には予め災害発生に備えた資金の準備も

義務づけられています。

また、消防の任務は住民サービスではなく

安全の確保という、

自衛消防の場合は自分たち自身のための、

自治体消防の場合は行政責任における

それぞれの任務を遂行するものですから、

「受益者負担」という考え方はしません。

そのかわり、自衛消防の場合は自らが活動に参加する、

あるいは消防援護会などを通じて支援する、

自治体消防に対しては税負担といった形で

それを支えていくことになります。

◎質問者からの返答

回答有難うございます。

やはり天災だと費用は掛からないんですね。

被害者の方には義援金等で少しでも力になりたいです。


3 ● angel_ring
●20ポイント

http://www006.upp.so-net.ne.jp/zipsy/

404 Not Found

逆で、まず、地元の消防やレスキューに、

依頼し、このような公の機関は原則無料です。

(今回のケースも無料でしょう)

家族(や出発前の本人)の意思により、

公の機関だけでは物足りない、公の機関が

諦めた後でも捜索を続けて欲しい場合に、

山岳救助隊に頼むものだと思います。

登山の事故については保険もあるようで

保険から山岳救助隊への費用が払われる

ようです。(もちろん、保険に入っている

場合ですが・・・)

◎質問者からの返答

回答有難うございます。

やはり請求は無しですね。

何の罪もなく被害に遭われた方にご冥福をお祈りします。

それに比べてイラクで捕まったアホは・・・。


4 ● SorryLab
●20ポイント

http://homepage3.nifty.com/n-kaz/iinkai/honbun.htm

災害救助研究会報告書

この後にどうなったのでしょうね。

http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E8%A2%AB%E7%81%BD%E3%80%80...

この辺で明らかですね。

◎質問者からの返答

回答有難うございます。

なかなか詳しい資料で参考になります。


5 ● mahorama
●20ポイント

http://www.houko.com/00/01/S22/118.HTM

災害救助法

上記はどうでしょうか?

以前捜索に参加した経験が有りますが、その時は、捜査が打ち切られるまでは、無料だったと思います。 打切られた場合は、地元有志と消防団で捜索しました。ヘリコプターは、知事に要請し許可が降りれば飛んで貰えるようでしたが、飛行時間に制限有りでした。 許可が降りなければ民間に以来する事になるようでした。

参考までにです

◎質問者からの返答

回答有難うございます。

打ち切られた後が高いんですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ