人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

退職をするとき、業務の引継ぎで忙しく有給休暇を消化できませんでした。

次の会社に移ってからも前の会社の有給消化をすることは法律的に可能なのでしょうか。

上司は引きとめ要求に応じなかったので、次の会社に勉めるのであれば有給消化させられないといいます。
できるだけ詳しく教えてください。
よろしくお願いいたします

●質問者: chouette
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:上司 会社 有給 有給休暇 法律
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/13件

▽最新の回答へ

1 ● kimudon
●16ポイント

http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM#s4

労働基準法

(年次有給休暇)

第39条 使用者は、その雇入れの日から起算して6箇月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない。

との事です。

◎質問者からの返答

ということは、次の会社に勤務している時期とダブルかどうかは問題ではないのですね。

有給を消化しながら次の会社の社員になれるか気になります。


2 ● lkj
●16ポイント

http://www.it-keiei.com/consult/show/d200401150001.html

もう退職されたのであれば上記サイトに記載してる通り「会社も退職者個人も関係がなくなります。」よって消化は困難と思います。

http://www.campus.ne.jp/~labor/wwwroumu/wforum.cgi?mode=allread&...

こちらの掲示板にも参考に

http://www.campus.ne.jp/~labor/q&a/32right.html#32-18

こちらにも

「年次有給休暇の権利は、労働関係の存続を前提したものである。

従って、退職や解雇、事業場の閉鎖の場合、その日(退職日、解雇効力発生日、閉鎖日)までに年休の権利行使をしない限り、残余の休暇の権利は当然に消滅する。」

◎質問者からの返答

退職後のことはよくわかりました。ありがとうございます。まだ退社していないので、退社する前のことでわかるとうれしいです


3 ● mizunouenohana
●16ポイント

http://www.jil.go.jp/jil/kikaku-qa/jirei/05-Q01B1.htm

URLについては、一般的な有給休暇についての話ですので、本件とは関係ありません。

そもそも有給休暇とは、そのほかの労働条件(賃金、休日、労働時間)などと同じように、当該の会社で労働するに当たって、労働者と事業者の間で交わされる雇用契約の一部です。当然当該の会社を退職するとなれば、その労働契約自体が消滅しますので、有給休暇が何日あろうとも消滅です。

次に勤める会社との間で交わされる労働契約により、また新たに発生するわけです。

有給休暇等のものは、個人が持つ固有のものではなく、会社と労働者の間で交わされる契約によって成り立つものなのです。質問者様の言う「法律」とは「労働基準法」のようなものをおっしゃっているのでしょうが、法律以前の問題です。

たとえて言うなら「現在の会社で給料を50万円もらっていたとして、次の会社でも50万円もらえることは法律上可能でしょうか」という、一見しただけでありえないことを聞いているわけです。

おわかりいただけますでしょうか?

◎質問者からの返答

それはそうですね。質問文がおかしかったですね。すみませんでした


4 ● alicepic
●16ポイント

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q_id=918182

莖??????????????OKWave

法律的にも大丈夫です。上のURLを御参照に

http://www2s.biglobe.ne.jp/~otasuke/bbs10/617753522544266.html

それでも、ダメなら内容証明郵便で有給消化の旨を会社あてに送りましょう


5 ● alicepic
●16ポイント

http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM

労働基準法

つけたしです。労働基準法のページです

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ