人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

旅館業法には下記のようにあります。この宿泊者名簿には「誰が、どの部屋に宿泊した」という事を明記しなければならないという事が説明されているページを紹介して下さい。回答者の個人的な見解は結構で、公式の見解(通達や裁判の判例など)が知りたいです。

旅館業法
第六条 営業者は、宿泊者名簿を備え、これに宿泊者の氏名、住所、職業その他の事項を記載し、当該官吏又は吏員の要求があつたときは、これを提出しなければならない。


●質問者: angel_ring
●カテゴリ:政治・社会 旅行・地域情報
✍キーワード:六条 判例 回答者 旅館 職業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ
●30ポイント

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/eisei/s_ryokan/ryo_1_002....

知事に提出しなければならないようですね。

http://list.room.ne.jp/~lawtext/1948L138.html

◎質問者からの返答

確かに「旅館業法施行細則」に明記されていました。


2 ● TomCat
●20ポイント

http://www.city.shizuoka.shizuoka.jp/shisei/reiki_int/reiki_...

これについては旅館業法施行規則の委任により

各都道府県等がこれを細則として定めて施行することになっています。

ご紹介した静岡県のものですと、

細則第7条がそれにあたります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

条例により義務づけている所と

義務づけられていない所がある

みたいですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ