人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

江戸川乱歩の小説で、ドストエフスキーの罪と罰のラスコーリニコフみたいなのが出てくる小説があったはずなんですが・・・。
題名わかりますでしょうか?

●質問者: clinejp
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:ドストエフスキー ラスコーリニコフ 小説 江戸川乱歩 罪と罰
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● hensyuushi
●20ポイント

http://www6.plala.or.jp/Djehuti/2001731.htm

江戸川乱歩『江戸川乱歩傑作選』 /トート号航海日誌(読書録)

「心理試験」です。

随筆「神なき人」に書かれているように乱歩自身ドストエフスキーを意識していたはずです。

Amazon.co.jp: 江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者 (光文社文庫): 江戸川 乱歩: 本

江戸川乱歩全集 第1に入っています。確か文庫版もあった気がします。

◎質問者からの返答

あーそういえばそんな題名でした!

随筆「神なき人」というのに俄然興味が出てきました。土日に図書館にいってこよう。

ありがとうございます。


2 ● ko1ro
●20ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4394301106/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 心理試験 (江戸川乱歩文庫): 江戸川 乱歩: 本

心理試験 です

ISBN: 4394301106

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


3 ● がら
●20ポイント

http://homepage3.nifty.com/DS_page/shumi/shumi1.htm

探偵小説趣味の会編『創作探偵小説選集』

「心理試験」でしょうか?

◎質問者からの返答

そうです。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ