人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

NTTが「2010年を目標に電話を3000万加入光IP化する」と発表しました。

さて、現在銅線で提供されている固定電話(POTS)を、光ファイバへどんどん
乗せかえて行く事を考えます。

このとき、「こんなことが問題にならないの?」というのを教えてください。
?問題点
?それが問題となる理由と根拠
をお願いします。
また、問題点は必ずレイヤ1(物理レイヤ)の観点のみから提言してください。

例えば
?中継ファイバの空き心線が足らなくなる。
?なぜなら、現状でほとんど心線は使われてしまっているから。
WDMを使っても補えないくらい少ないから。

みたいな感じです。
ざっくばらんにお願いします!

●質問者: yoshifuku
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:2010年 IP NTT WDM いるか
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sugisaku
●40ポイント

http://www.google.com/

Google

urlダミーですみません

物理レイヤの観点からということで、私が思っていることは、

・どうやって、機器を動かす電気を供給するのか?

が一番ですね

今の電話は、基本的に電話線だけつなげば通話機能は実現できます。それを光+IP化すると商用電源必須になりますよね。

まさか、光に電気を通すことはできないし、光化しても電源供給のために導線を残すのも現実的ではないし

◎質問者からの返答

おおーなるほど!給電問題ですね!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ