人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

カルチニンですか?カルニチンですか?
ググでカルニチンは105000件、カルチニンは3380件です。
URL+あなたの説明で面白く教えてください。

●質問者: mikiemiki
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:URL あなた 面白
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● hiroyukiarita
●27ポイント

http://www.vitamin-shopper.com/bagenkontentu/14-9/diet_top.htm

英語からはカルニチンですが、自己矛盾しているところもちらほら・・

http://tokutoku.moo.jp/shop20/

L-カルニチン、あるある大辞典で人気のサプリメント♪ / ■激安通販ショップ情報局

どっちでいいのでしょうね。

http://www.curio-city.com/onaka/7184/149313.html

ここまでくると、どうでもいいのかと思いますね。カルニチンが英語の日本語読みで、軽血人(軽血人)が、外来語を当て字で表したものに変化した用語といわれている。

◎質問者からの返答

面白おかしく教えてください。

URLはカルニチンかカルチニンかどちらの言い方が正しいのかについて言及してあるサイトをお願いします。


2 ● 1500曲を突破♪
●1ポイント

http://www.google.com/search?hl=en&lr=&q=cartinine&btnG=Sear...

カルニチン carnitine が正解です。

英語版gooで「カルチニン」(cartinine)と入力してサーチかけると、

「Did you mean cartine?」

(カルチニンのことですか?)と確認を求めてきました。

すいません面白い説明は思いつけませんが、全日本goo比の正誤比率(正解96・9% 誤り3・1%)からすると意外と正解率が高めですね。もっとも間違って覚えてるような人はわざわざ検索にかけるkともすくないのかもしれません。はい。

◎質問者からの返答

Did you mean: carnitine ですね

えっと、つまり多数決が正解の根拠なのですか?

( ゚ 3゚)


3 ● kuru-san
●20ポイント

http://www.kyorin-healthcare.com/baby/pc/whisper/sup/calnitine.h...

とりあえずここを見る限りカルニチンのスペルはcalnitineなのでこっちが正しいでしょう。

チニンってのはデオキシリボ核酸(DNA)に含まれてますが、ときどきまちがってカルチニンってのが含まれてると、ノリの軽い人間が生まれます(大嘘)。

◎質問者からの返答

お!(’@’)

チニンはデオキシリボ核酸に含まれていてときどきまちがってカルチニンが含まれると・・・!?!?!(大嘘だったorz


4 ● tomo031208015
●1ポイント

http://www.geocities.jp/hobabsan/sub4-carnitine.htm

カルニチン

”carnitine”だそうです。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&c2coff=1&q=%E3%82%AB%E3%83%...

もしgoogleツールバーがあれば、このページのままで「カルニチン カルチニン」両方にマーカーのチェックを。

カルニチンとも書いてあるところがけっこうありますよ。

ひたすら「カルチニン」のページもありますが(^^;

http://www.nature-style.com/biyou-diet/L-karunichin/

L-カルニチン【美容・ダイエット体験物語】効能・効果!?

間違い探し(googleツールバー便利)。

この記事の中に「カルチニン」が一箇所紛れ込んでます・・・

◎質問者からの返答

カルチニンは(血とかが)軽い人ってことを踏まえて、

最初のサイト良いですね。こういう話大好きです。しかしカルニチンがカルチニンではないという話はなかなか無いようですね…

カルニチンとも書いてあるところがけっこうありますので今回の質問に至ったというわけで。

カルニチンと書いてあるから(そして多いから)といってカルニチンが正しいということには納得いかないわけでして。

多数決反対!!!


5 ● moonlightanthem
●20ポイント

http://www.coq10.jp/06carnitine/06_01.html

コーキューテン CoQ10.jp

L-カルニチンは、1905年に2人のロシアの科学者により筋肉抽出物の中から発見されました。そして、ラテン語で肉を意味するcaro、carisからカルニチンと命名されました。

1935年にドイツのライプツィヒ大学のStrack教授がL-カルニチンに関する最初の論文を発表し、L-カルニチンの生理機能に関する研究のスタートを切ることになりました。

---

これがカルニチンの由来です。

カルチニンと書いてしまうのはカルニチンと言おうとすると舌を噛むからです。

試しにカルニチンと3回早口で称えてみましょう。

「助けてください、カルニチン、カルニチン、カルチ…いててっ」

となったあなたは撃墜されたも同然でしょう。

◎質問者からの返答

由来きました!

肉を意味するcaro、carisからきたということならまだこの段階でカルチニンの可能性もありそう?ラテン語に詳しい方よろしくお願いします。

1935年に発表されたドイツのライプツィヒ大学のStrack教授の最初の論文にL-カルニチンと表記してあれば良いような気もしますが、同時期にL-カルチニン論文や表記などもあるなら、カルニチンとは言い切れない!

舌は表記には関係ない気もしますが。この程度ではかまないし。カルチニンのほうが耳障り良い感じがします。だから少ないけどカルチニン派もいるのか…


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ