人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

反復横とびを長く、長時間行っても耐えられる・疲労しないようにするにはどんな筋力トレーニングをすれば良いのでしょうか。

●質問者: jyantadesu
●カテゴリ:趣味・スポーツ 科学・統計資料
✍キーワード:トレーニング
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● wtnb244
●16ポイント

http://www.hssr.ne.jp/intelligence/Free/hr_sc_2.htm

足の筋持久力を鍛える必要があるので、スクワットなど足を鍛えるトレーニングを低負荷で反復回数を多く行なうとよいと思います。

また、反復横跳びだけを長く行なうのでしたら、その特異な動きに慣らす意味でも反復横跳びそのものを毎日毎日繰り返すとよいと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● Gus
●16ポイント

http://d.hatena.ne.jp/Gustav_Adolf/

- Gustav Tagebuch -

ラグビーを始めたら反復横とびのスコアが伸びた記憶があります。

鍛えるのは以下のものだと思います。

・「はじめっ」の合図ですぐに動ける能力

・足、特に足首の訓練。ギザギザに走る。

・反復横とびでのムダな動きをなくす。

ラグビーをやっていた頃の体験談です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● sami624
●16ポイント

http://homepage3.nifty.com/sami624/index.html~030915

波乗り三昧

反復横跳びというのは、下半身の敏捷性を高めるための運動ですから、脹脛や太ももの筋力を高める必要があります。

やはり一番はスクワットですね。姿勢を正してスクワットをすれば、脹脛やももの筋力は直ぐにアップします。ただし、腿は脂肪の燃焼に時間がかかるので、直ぐにとは行きませんが。脹脛は自転車でも鍛えられます。腿も。後は歩くことでしょうか。私鉄一駅歩けば1ヶ月で結構筋力はアップします。私もそうでした。最も2駅歩きましたが。(30分/片道)

◎質問者からの返答

なるほど、スクワット説有力ですな。


4 ● kinntarou
●16ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1100609233#

人力検索はてな - 反復横とびを長く、長時間行っても耐えられる・疲労しないようにするにはどんな筋力トレーニングをすれば良いのでしょうか。..

反復横とびを長時間行う理由(最終目標)が不明なため目的をご質問の通り反復横とびと考えると以下のように思います。

反復横とびを行うのが一番と思われます。

長時間行うのが目標なのでインターバルトレーニングを行ってください。

たとえば、一分間全力を出し切って反復横とびを行い30秒クールダウン、また一分全力で反復横とび、、、、を繰り返します。

当然ながら十分なウォーミングアップ、ストレッチの後に行うことをお勧めいたします。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● piese
●16ポイント

http://www.diet-recipe.net/column/muscle.html

XREA.COM

私の場合は、ランニングなどで持久力をつけただけでかなりスコアが良くなりましたといっても、実際の数値をなくしてしまったのでお見せできないのが残念ですが。

筋力トレーニングの方法としては

スクワットなど下半身のトレーニングを軽いウェート(20回でオールアウトするくらい)で

インターバルを入れて3〜4セットで

かなり効果が出るのではないでしょうか?

あとはランニングかジョギングを入れると

良いと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ