人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

先輩の皆さんにお伺いします!
人生最大の転機は何でしたか?
その時どのように考え行動したのでしょうか?
それは成功でしたか?それとも・・・
又、その時参考にしたお話や書籍がありましたらお願いします。

●質問者: cinZano
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:お話 人生 書籍
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● moonlightanthem
●16ポイント

http://www10.plala.or.jp/katei/

NOT_FOUND 404

URLはダミーです。

結婚ですね(^^;

生活背景もなにもかも違う人と結婚したので。恋愛で、本人はいいとしても、馴染むのにえらくかかりました。

いま思うとよしあしなんですけど、上記のようなサイトにどっぷりお世話になりました。いろいろな考え方があるんだなって思うようになりました。

(一つ間違えると偏見どっぷりにもなりかねませんが)

一応成功・・・したんじゃないでしょうか(笑)続いていますから。

◎質問者からの返答

良かった成功したんですね!(^^)一応!

恋愛は別ですからぁー!

ありがとうございましたm(__)m

私も参考にさせて頂きます。


2 ● water_loo
●16ポイント

Amazon.co.jp: イリュージョン (集英社文庫 ハ 3-1): リチャード・バック, 村上 龍, Richard Bach: 本

未婚で、子供が出来て、「産むべきか、産まないべきか」という時に、この本の影響をものすごく受けました。

「この世は全てはイリュージョンだ、何から何まで光と影が組織されて、像を結んでるだけなんだ、わかるかい?」

「いいか、この事は重要なんだぞ。俺たちは、やりたい事は何でも自由にやれるんだ」

もう、何度読み返したかわかりません。

この本には、真実が書かれていると思います。是非読んでみてください。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041507022/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 沿線地図 (角川文庫 (5442)): 山田 太一: 本

レールからはずれること、を気付かせてくれました。読んだのは高校生のときですか、以降、よく人に勧めています。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101018189/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 早春スケッチブック (新潮文庫): 山田 太一: 本

同じく山田太一の作品。山崎努主演でドラマになってますが、上の沿線地図よりも、ドラマとしてはこちらの方が良かったです。

人生について、考えさせられること間違いなしです。

有名なので、ご存知でしたらすみません。

未読なら是非。

◎質問者からの返答

ありがとうございます

是非読んでみたいと思います。

最近親として色々と考える事が有りましてこのままじゃいかんだろうって感じているものですから参考にさせて頂きます。


3 ● ageharock
●16ポイント

http://d.hatena.ne.jp/ageharock/

ヘビースモーカーの喫煙所【特撮を見ながらタバコを吸おう】(休眠中)

23歳の時の入院、手術です。

とある臓器を摘出しなくてはいけなくなりそうで、約1カ月ほど入院をしていました。

特に参考にした書籍などはありませんが、入院を決めるまで、毎日泣きわめいていたような気がします。

参考にした話と言えば、同じ病室の人の話かな。

自分よりも重い病気の年輩の方に、励まされました。

今は何とか健康体ですし、臓器摘出も何とかしなくてすんだので、成功だったのでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます

若い時に大変でしたね!

手術成功だったのですね。良かったです(^^)

私も半年程入院経験が有りますが確かに色んな方と御話しする機会が有り色んな勉強になりましたね

まだ入院中の方で退院した私を心配して手紙を下さる方もおられます。有りがたいと思いました


4 ● idetakato
●16ポイント

http://my.yahoo.co.jp/

My Yahoo!

URLはダミーです。

自分で株式会社を興した時です。自分のやりたい仕事(想い)があって、でも結婚もし、乳飲み子いる。普通で考えれば、安定を求めますよね。でもその「安定」て何だ!と脳みそがちぎれるくらい考えた結果、安定なんか無い!という結論に達しました。つまり、安定した職業で日々判で着いたような人生を送っていたとしても、いつ何時経済情勢が変化してリストラに合うとも限りません。もっと言えば、突然、災害に見舞われて逝ってしまうかもしれません。所詮、安定なんて「幻想」だと気づきました。だったら、人が何と言おうが、自分の「魂の叫び!」に従おう、と考えて起業しました。いろいろありました。倒産直前までいったことなんか、1度や2度ではすみません。最悪の行動に出かかったこともありました。でも、今こうして生きています。生きて「はてな」に回答しています。物凄く成功したとは言えませんが、後悔はゼロです。大変です。歳とともに、身体も精神も辛いです。仕事上の悩み、家庭の悩みは、数え切れないくらいあります。でも、日々充実感と達成感とで一杯です。もし、自分で基準を作るとすれば、これが幸せと呼べるものかもしれません。つまり私の場合、人生最大の転機は、決意した信念をもって、何か漠然としたモノに頼るのではなく「自立」した瞬間です。ご参考までに。

◎質問者からの返答

ありがとうございます

それは「自立した瞬間」良い響きですね。

最初に書かれておられる状況がまさに私の今置かれている状況とにているのですがここでもう一踏ん張りですね。ありがとうございます


5 ● Massartosh
●16ポイント

http://www.janis.or.jp/users/chicoi/

CI研究所トップページ

会社整理。20年前に設立した会社を、債務超過で7年前に整理した。赤字が2年続き、これ以上続けても負債が増えるばかりなので、従業員は同業の別の会社に雇用してもらい、事務所を引き払って、裸一貫になった。業種を転換し、何とか借金を返済しながら7年やってきた。負債を大きくしなかったのは良かった。だいたいもう少しで何とかなると思い、負債を大きくしてしまうものらしい。その意味では成功だったが、経営のことを学んだのはそれからで、今は経営コンサルタントをしている。参考になった書籍は、「ISO9001品質マネジメントの国際規格」経営のバイブルだ。

◎質問者からの返答

ISO9001品質マネジメントの国際規格」経営のバイブル

了解しました!

引き際って難しいですよね。本当に

御世話になるかもしれません

その時は宜しくお願いしますm(__)m

皆さんありがとうございました

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ