人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

首相官邸の地下にある危機管理センターって戦争が起こったときに使用するのでしょうか?古谷一行出演の「宣戦布告」という映画に危機管理センターみたいのがでてきたけれど・・・それと核爆弾が落ちても平気なんでしょうか?

●質問者: omoni
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:危機管理センター 古谷一行 宣戦布告 戦争 映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● mizunouenohana
●50ポイント

http://www.kantei.go.jp/jp/seibi/r1.html

総理大臣官邸整備室

あくまでも災害等(地震などの)を想定しているもので、戦争等のために作っているものではありません。ですから核爆弾なんかだったらひとたまりもないでしょう。

URLでは以下のようになっています。

危機管理機能の充実】

官邸に求められる危機管理機能を十全に発揮するため、危機管理のための十分な機能を確保するとともに、情報通信をはじめとする危機管理のための設備、機器を設置し、万全の危機管理体制をハード面から担保する。

このため、政府の危機管理の中枢となる危機管理センターとして、対策本部会議室、 対策事務室、幹部打合せ室、24時間体制で情報収集にあたる情報集約室などを配置し、危機管理のための十分な専用スペースを確保する。

また、情報通信の設備、機器については、通信の輻輳、障害を受けにくく、最新のマルチメディアに対応した設備、機器を整備するとともに、将来の通信分野の技術革新に対応できるよう配慮する。

さらに、災害時等においても官邸としての十分な機能が発揮できるよう、耐震性を含む新官邸建物の安全性、信頼性の確保を図るとともに、特に危機管理センターについては電気、ガス、水道などの途絶時にも機能の保全が図れるよう信頼性の向上を図る。

また、緊急時に迅速な参集等が可能となるよう、新官邸屋上及びフロントヤードはヘリコプターが離着陸できるよう整備する。

〔危機管理センターの特徴〕

○ 複数事態にも対応可能な機能の確保

○ 事態の長期化への対応(仮眠室、休憩室、備蓄倉庫の設置 等)

○ 最新のマルチメディアに対応した情報通信設備の整備(地図情報等データ伝送、映像伝送、テレビ会議 等)

○ セキュリティの確保(厳格な入退出管理、情報漏洩対策 等)

○ 電力・空調設備などの独立化による信頼性の向上 等

◎質問者からの返答

そうですか、映画のようには行きませんね。ありがとうございました。


2 ● きゃづみぃ
●40ポイント

http://www.bousai.go.jp/kaigi/chousa/chousa06/c06_shiryo_01....

>緊急災害対策本部や非常災害対策本部等の開催場所として活用を予定

としているようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ