人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

私は30歳・男性で、極度の下戸人です。今からお酒が飲めるようになれるでしょうか?
過去、アルコールパッチテストでは「お酒が飲めませんカード」をもらい続けています。

また、お酒が飲めないというよりも、正確には「お酒恐怖症」といった感じで、この料理に
お酒が使われているかもしれないと感じだけで、もうその料理が食べられなくなってしまいます。
ちょうどこの人のような感じです。
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/mental/1094163757/9

それでも体質改善しようと努力して最近はチョーヤの梅酒をスプーン小さじにいれて
舐めるくらいはようやくできるようになりました。

この年齢からお酒が飲めるように体質・精神改善はできるようになるものでしょうか。

●質問者: dakyo-an
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:いるか うそ お酒 アルコール カード
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● shampoohat
●20ポイント

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku2002/0203-3.html

クローズアップ現代 放送記録

●アルコールに対する体質について

通常飲んだアルコールは肝臓などで酵素の働きでアセトアルデヒドに分解される。アセトアルデヒドは顔が赤くなったり、吐き気や動悸を引き起こすなど不快な症状の原因。このアセトアルデヒドを、完全に分解できるのは、アルコールを「飲める」タイプ。遺伝子の変異によって完全には分解できないのは「あまり飲めない」タイプ。全く分解できないのは「飲めない」タイプとなる。日本人や一部のモンゴロイドでは、このアセトアルデヒドを分解する酵素(正確にはアセトアルデヒド脱水素酵素2、ALDH2)を作る遺伝子に異変があるため、「あまり飲めない」タイプや、「飲めない」タイプが存在する。日本人の場合、「飲める」タイプが5、「あまり飲めない」タイプが4、「飲めない」タイプが1の割合でいると推定されている。

http://health.nikkei.co.jp/mini/i001118b_02.cfm

いきいき健康 NIKKEI NET

お酒が強い弱いは、アセトアルデヒドを分解する酵素の量で決まります。

http://www.hoge.org/

上記URLはダミーです。

自分の所の会社の課長で、「家で練習すると飲めるようになった」といっている人がいました。体質が変化というよりは、アセトアルデヒドの中毒症状に対して慣れただけと推定しています。

練習してまで飲むべきものとも思いませんし、自分とこの会社では、飲み会に参加するのは好き&一滴も飲まない人もいます。飲み会の雰囲気は好きだそうです。

酔っ払いながらの返信で本当に申し訳ないものの、アルコールで酩酊できるわけでもないのにアセトアルデヒド中毒症状を我慢するのは本当にもったいないことだと思います。

ご参考に。

http://www2.health.ne.jp/mail/bk/20040419.html

【healthクリック】ヘルスケア・マガジンバックナンバー

【ご参考】

今週は、飲酒に関するクイズです。次の文は○×どっち?

┌─────────────────────────────┐

お酒に強いか弱いかは、もって生まれた遺伝的なものである。

└─────────────────────────────┘

いくらお酒を飲んでも顔色ひとつ変わらない人もいれば、ほんの少し飲

んだだけで、顔が赤くなったり気持ち悪くなったりする人もいます。

その違いはどこにあるのでしょうか?体質の問題?慣れの問題?では練

習すれば誰でも飲めるようになるのでしょうか?

お酒を飲むと、アルコールは肝臓に運ばれ、そこでアルコール脱水素酵

素(ADH)によって「アセトアルデヒド」と水素に分解されます。さらに

アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって酢

酸と水素に分解され、最終的には炭酸ガスと水になって体外に排出され

ます。これがお酒を飲んだ後の体内でのアルコール処理の流れです。

悪酔いや二日酔いは、この中間物質「アセトアルデヒド」のせいだと考

えられています。アセトアルデヒドは毒性の強い物質で、分解されない

まま体内に残っていると、頭痛や吐き気などの症状を引き起こすのです。

したがって、このアセトアルデヒドを早く分解できるかできないかが、

お酒に強いか弱いかの別れ道。それはその人がもっている分解酵素ALDH

のはたらき(タイプ)によって決まってきます。

そして、その体質は遺伝によるものであり、終生変わることはないとさ

れています。つまり、訓練すれば飲めるようになるものではないのです。

無理して飲んだり、飲めない人にお酒を無理強いすることは、絶対にや

めましょう。

┌───────────────────────┐

というわけで、「○」が正解でした。

└───────────────────────┘

◎質問者からの返答

まだすべてのURLを読みきれていませんが、検索ありがとうございます。

結論は・・・・やっぱり無理なのですね (;´д`)トホホ


2 ● mizunouenohana
●18ポイント

http://www.naoru.com/citokurom.htm

シトクロムP450/薬物代謝酵素/CYP3A4/チトクローム

この「P450」という酵素は万能の酵素で、通常1種類の酵素は1つの役割しかもてないのに、「P450」は何種類もの化学物質の分解に関わる酵素です。

アルコール依存症の人などは、この酵素が通常の人よりずっと増えているのが確認されています。ですから、「飲めば飲むほど強くなる」は完全な俗説ではないわけです。

しかしそれはレベルの問題で、質問者様のような体質の方が飲めるようになるかというと、その頃には体の方が参ってしまいます。

お酒は精神をリラックスさせたり、少量であれば身体的効能も確認されていますが、質問者様の場合、飲むことで過度の精神的苦痛を受けるのですから、効果を考えたとしても、差し引きマイナスであると推察します。身体的にも普通に飲めるまでの間に受けるマイナスの方が多いように思われます。

ご質問の答えとしては「なれる可能性はあるが、失うものの方が多いことは間違いない」です。それに精神で飲めるようになれるものではありません。あくまで肝臓のアルコール分解速度です。これは人により違うことはわかっています。

今のままでよろしいのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

検索ありがとうございます。

やはり、現状のままがいい・・というか現状のままでいるしかないというのが結論なのでしょうか。

私個人としては、お酒が飲めるようになりたいのですが。

仕事上でもお酒の席は必ずあります。

また、世間の多くの場でアルコールが欠かせないものとなっっているため、下戸である私は疎外感を覚えずにはいられないからです。


3 ● dotto___com
●18ポイント

http://homepage1.nifty.com/koutarou/insyuidenshi.html

遺伝子から見た酒豪と下戸の体質原田勝二:

モンゴロイドの中には生まれたときから下戸の人が多数含まれています。

コーカソイド、アングロサクソンには下戸はいません。フランスやドイツなどでは子供でも酒を飲みます。飲んでいいことになっているので。

飲み水が不足しているというのも原因のひとつですが、逆に考えれば、飲み水に恵まれた日本人の中に下戸が多いのは納得できそうです。

結論。

飲めるようにはなりません。遺伝子レベルで無理です。

◎質問者からの返答

わかりました。ありがとうございます。


4 ● snowsnow004
●18ポイント

http://www2.health.ne.jp/library/0600/w0600001.html

日本人はお酒に弱いというのは本当か?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック

お話から察すると、遺伝子的に酵素が作られない体質のようですね

http://www.sporting.co.jp/mihama/chotto.htm

ここの9に記述があるように、「飲めるように」なったとしても酵素のある人に比べてアルコールによるダメージは甚大だといえます

昔の小話にも、「話」だけでひっくり返った人の話などありますし、人によるのですから無理はなさらないでください

◎質問者からの返答

『お酒が飲めない方へ・・・上記の説明を暗記して「科学的」に自分がお酒を飲めないことをしっかり主張しましょう!』

そうなんですよね。このことを皆さんに(世間の人たち)に理解していただかないことには下戸人は浮かばれませんよね。

お酒が飲めない=一人前でない とまで言い切る輩もいますから。

また、日本企業ではいまだに「飲みニケーション」が重要だと考える人も多く、非常に苦労をします。

なぜ私がここまでのコメントをするかと言いますと、過去に下戸差別を受けた経験があり、トラウマになっているからです。

もしかしたら、そっちのメンタル面を改善するほうがいいのかもしれないですね。

検索ありがとうございました。

結論として訓練では克服できないということがわかりましたので、ここは一旦打ち切り、今度は違う観点で質問させていただきます。

http://www.hatena.ne.jp/1101229202

皆様、ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ