人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

違法か適法かを知りたいです。販促プランとして商品に通し番号の入った「チャンスカード」を封入して、毎月抽選で当選者に5000円〜10000円のキャッシュバックを考えています。1回の購入で1番号を得られるのですが、この番号で12ヶ月連続(毎月抽選で計12回)で抽選に参加できる権利にしたいのです。当然、2回購入すれば2番号を得て当選チャンスも2倍に…という事になります。さて、こういった販促方法は私設宝くじと見なされて違法になるでしょうか?

●質問者: digital_mart
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:キャッシュバック スカー プラン 宝くじ 当選
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ
●10ポイント

http://www.jftc.go.jp/keihin/1/keihyohou.htm

その商品の金額以下ならば、OKのようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。熟読して参照します。


2 ● sami624
●25ポイント

http://www.jri.co.jp/JRR/1997/199712/JRR199712ot-gamble.html

こちらに刑法187条で規制している富くじの定義が記載されています。

富くじは

1.ほとんど完全な偶然性による抽選の方法で損益を決める。

2.抽選を待たず財物の所有権は富くじ発売者に移る。

3.発売者は財物を賭けないからほとんど損をしない。

となっています。

先ず1は合致します。

2については、財物は販売する商品の対価であり、富くじの対価ではないということが立証できれば、該当しないこととなります。

3についても損をしてまでのキャンペーンというのは時節柄考えずらいので、合致してしまうでしょう。

よって2が合致しない根拠を客観的に立証できれば、違法行為にはならないでしょう。

→詳細は弁護士に確認されることをお勧めします。


3 ● acorin
●25ポイント

http://www.imasy.or.jp/~ume/copyright-ml/inetmag/internet-ma...

$B%$%s%?!<%M%C%H>e$G7|>^$r9T$&>l9g$NK!E*5,@)$rJ,@O$9$k(B

キャッシュバックなので富くじ法にはひっかからないでしょう。

不当景品類及び不当表示防止法(景表法)というものが関係してきます。

これは商品の価格によります。

キャッシュバックは販売金額の10%以上のキャッシュバックが認められていますの。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%AF%E8%A1%A8%E6%B3%95

不当景品類及び不当表示防止法 - Wikipedia

不当景品類及び不当表示防止法

◎質問者からの返答

ありがとうございました。参照いたします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ