人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ASUSのP4P800SE+Pentium4 3.2G with HTT Enable RAM1024MBよりもDELLのPowerEdge600SC Pentium4 2.4G RAM512MBのほうが、いきなりPDFというPDFの連続作成ツールでのデータ処理が3倍くらい速いのですが、どうしてでしょう。ServerWorks系の特徴でしょうか?OSはどちらもWinXP Pro SP1です。EXCELのVBA処理なども同スペックのCPUに比べて速い気がします。もちろん全体的な体感速度は圧倒的に3.2GwithHTTのほうが速いのすが・・・。不思議で仕方ないです。

●質問者: nsp2
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:2G ASUS CPU Dell e+
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● puwapuwa
●18ポイント

http://www.nifty.com/download/win/hardware/bench/

フリーソフト&無料体験版ソフト:@niftyダウンロード

それぞれのマシン性能は特定の機能が突出しているケースもあります。

ベンチマークでためしてみては?


2 ● stakaha
●18ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1101758528####

人力検索はてな - ASUSのP4P800SE+Pentium4 3.2G with HTT Enable RAM1024MBよりもDELLのPowerEdge600SC Pentium4 2.4G RAM512MBのほうが、いきなりPDFというPDFの連続作成ツールでのデータ..

単純にASUSにはIDEのHDDで、DELLはSCSIのHDDを使用しているからなのではないのでしょうか?PDFを直接HDDに書き込む場合、回転数の早いHDD(SCSI)の方が圧倒的に処理速度が速くなると思います。

HDDが同一スペックでしたら、見当違いかもしれません。ご了承ください。

◎質問者からの返答

HDDはDELL=古い5400rpmのIDE、ASUSは10,000rpmのシリアルATAです。


3 ● tomo_k
●17ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1101758528#

人力検索はてな - ASUSのP4P800SE+Pentium4 3.2G with HTT Enable RAM1024MBよりもDELLのPowerEdge600SC Pentium4 2.4G RAM512MBのほうが、いきなりPDFというPDFの連続作成ツールでのデータ..

チップセットの違いからくるものと思います。

また、常駐ソフトによっても違ってくると思います。


4 ● auctiondiary
●17ポイント

http://www.dospara.co.jp/

HDDとか他のハードウエアによるところもあるかと思います。

特に体感しやすいのがHDD等で、回転数が上がると明らかに体感速度は上がります。600SCはHDDが強化できるものもあるようです。RAIDやSCSIHDDがそれにあたるかと思います。

その他のところだと、最近はまったく言われませんが、Win98の時代だとパーツ同士の相性によってパソコンが速かったり安定したりしました。最近の個人向けPCだとまったく考えられていないものも多いですが、サーバー用だとその辺のチェックと細かな調整がパフォーマンスにつながっている可能性もありますね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ