人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

http://www.hatena.ne.jp/1101783153 この問題を私にも分かる簡単な方法で解決して下さい。
はかりで3回だけというのはなんだか寂しいです。
簡単なら手間は惜しみません。

例:銀行に持って行く

●質問者: x2pop
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
✍キーワード:銀行
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 14/14件

▽最新の回答へ

1 ● hinop
●13ポイント

http://www.sej.co.jp/index.html

セブン-イレブン・ジャパン

ATMに行って、預金してください。

重さが違うものは出てくると思うのですが。

◎質問者からの返答

偽造ってことで警報が鳴って警備員に囲まれたりしないのかちょっと心配です。


2 ● youzi
●13ポイント

http://www.at-takaoka.co.jp/casting/c_menu.html

アイシン高丘株式会社:Web なんでも鋳物館メニュー

12枚のコインを鋳潰し、それを原料に11枚のコインと1枚の重さの違うコインを作ってみるというのはどうでしょうか

◎質問者からの返答

簡単ではないですが、新しくなって気持ちいいですね!

でもよく考えたら偽造だ…


3 ● masasan
●12ポイント

http://www.rakuten.co.jp/starkids/454771/505021/528553/

手間はかかるけど、見た目は分かりやすいかも、ということで。

小さなガラス瓶12個を用意します。水を入れ蓋を閉めると(厳密に)丁度水に浮かぶよう、水量を調節します(中の液体はインクなどで色を変えておくと綺麗ですね)。

そしてコインを一枚づつ小瓶に入れます。

しかる後に、水槽に全ての小瓶を入れ全て沈んだのを確認し、水槽に塩を大量に溶かしていきます。

重さの違うコインの入った小瓶は、軽い場合は一番先に浮かび上がり、重ければ最後まで沈んでいます。

(ただし、コインの大きさ・容積の差は見た目では分からないほど小さいものとします)

リンクはイメージです。

◎質問者からの返答

ガリレオ温度計は知っていますが、ちょっとこれは難しい気がします。

後かたづけとか大変そうですね…。


4 ● pixybadgerl
●12ポイント

http://www.linkshare.jp/kitchen/tool/kdt_scale_ap_1.html

やはり電子計量器を使うのが一番手っ取り早くて簡単だと思います。

◎質問者からの返答

そうですよね!最近のは精密なのもありますからね。

でも家にはないんですよ。…けっこうお値段しますよね…。


5 ● hiroyukiarita
●12ポイント

http://www.face-kyowa.co.jp/sales/cbfaq.htm

表面張力に注目しましたが・・

水に100円玉で撃沈、油を練ったらどうかと思いましたが、無意味。

そこで水銀ならと思い、HP検索してみましたが???

で、表面張力は、水が一番とかもかいてあるので、お椀に張った水の上にサランラップを軽く敷いて、100,10,1円をおいてみました。へこみ方が違いました!

でも100円と10円の0.3グラムの違いは微妙です。

きちんと同じようにしておく技術が必要かもしれません。

実践してみてください。

ラップの厚さにもいろいろあるようですので、薄いのを探せば、感度がアップするかもしれません。

http://www.ysn21.jp/~eipos/data/02_WB/kaihatu_pro/h13/sansuasobi...

3重さ2

お金の重さの10円4.5g、100円4.8gですね。

◎質問者からの返答

うーん、なるほど。

しかし家には水銀の在庫が(あった方が怖い?)

でも面白そうですねー。


1-5件表示/14件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ