人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

2004年版『犯罪白書』によると、”日本の治安が過去と比べて「悪くなった」と感じている人は、75・5%に上った。”というアンケート結果が出ているようです。

ところが、これに対しては、河合幹雄氏の『安全神話崩壊のパラドックスー治安の法社会学』に代表されるような反論もあります。その内容を紹介すると
「一般刑法犯は近年急増しているが、自転車盗が急増部分で、除外すると微増にすぎない。凶悪犯はというと、殺人は50年代から減り続けてこの10年は横ばい。強盗は急増しているものの、ひったくりや集団でのカツアゲを統計に組み込んだせい。検挙率が急降下しているが、ほぼ窃盗犯検挙率の低下に相当している。警察が、軽微な余罪の追及には人員を回さなくなったからだ。」

以上を参考にして、治安が悪化しているにせよ、していないにせよ、根拠となる統計などを挙げて論じてください。ブログなどで、河合氏のデータをうのみにして論じているようなものは必要ありません。
反証にせよ、支持する証拠にせよ、別のソースを挙げて論じてください。

よろしく御願いします。




●質問者: So-Shiro
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:はと ひったくり アンケート ソース データ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● tkyktkyk
●14ポイント

http://www.moj.go.jp/HOUSO/2003/index.html

平成15年版 犯罪白書のあらまし(目次)

H15年犯罪白書です。

http://www.moj.go.jp/HOUSO/2003/table.html#z06

平成15年版犯罪白書のあらまし

自転車盗は窃盗に分類されますね。

窃盗も増えてますが、殺人を含む凶悪犯の件数は激増してます。

http://www.npa.go.jp/toukei/keiji2/1-12.pdf

これを観ればわかりますが放火以外全て増えてます。

「日本では犯罪は増加していないし、治安の急激な悪化も起きていない」と宣う法社会学者なんか机上でしか=数学でしか考えてないカスです。

http://www.npa.go.jp/toukei/keiji2/hanzai.html

犯罪統計資料 (平成14年・平成13年前年期比較)(警察庁)

カツアゲだって立派な強盗です。

大よそ「犯罪被害」とやらには遭遇してこなかったんでしょう。

ある犯罪をどのジャンルに分類したか、その統計の方法が間違っている、なんてことでしか考えないバカ学者の意見になぞ決して耳を傾けないで下さい。

◎質問者からの返答

すばらしい。どうも、ネット上で拾う話題には、河合氏の数字を鵜呑みにしてご自分で調べたとは思えない書き込みが多いので、気になっていたのです。

tkyktkykさん、説得力充分です。

が、反論もあるかもしれないので、もう少し開けときます。


2 ● 1500曲を突破♪
●14ポイント

http://kyuen.ld.infoseek.co.jp/information/news_log_19.html

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2003/09/20d9m200.htm

URLとは関係なく、警察官が公務員として週休5日制となりながらもそれを補強する増員がなされていないこと。も理由のひとつかも。休眠交番が増えたのもおそらくそのせいでしょう。

http://www.jca.apc.org/cpr/

Center for Prisoners' Rights

(付録)福島瑞穂の旦那さんの主宰です。

http://sensenfukoku.net/policy/chian/

石原都知事の政策

http://www.avis.ne.jp/~police/keimu/youkyu/gaiyou2.htm

「警察官増員」「警官増員」で検索すると出ます出ます

http://www.hanchian.org/news45-chian.html

今回の大規模な刑法改正におけるワイルドカード的な役割を果たしたキーワードに「体感治安」という言葉があって、これが統計的な実証データを封じ込めるのに大きな威力を発揮するのに目を見張らされました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B2%E3%82%8C%E7%AA%93%E7%90%8...

割れ窓理論 - Wikipedia

http://www.gikai.metro.tokyo.jp/gijiroku/yotoku/2004/d6114314.ht...

委員会の速記録|東京都議会

◎質問者からの返答

さすがkomosafarinaさん、治安悪化を言い立てる勢力が、どういう連中か読めてきました。

歴史は繰り返す、ということもありますね。気をつけていないと見誤ります。


3 ● db3010ss
●14ポイント

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/oreoresagi/news/2...

治安は悪化していると思います。

典型的な例として、「おれおれ詐欺」をあげます。このような犯罪は以前は考えられなかったのではないでしょうか?犯罪件数は増加していないのかもしれないが、新しい種類の犯罪が、社会を脅かしつつあるというのは、治安が悪化している証左といえるでしょう。

社会の紐帯の希薄化と順法精神の欠如。犯罪者側のテクノロジーの発達と、警察の能力の相対的な低下。こういった現象が治安悪化のバックグラウンドにあるのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

電子犯罪に対する警察の対応能力の弱さは日常的に痛感しています。私の住んでいる地方小都市では、あきらかな電子詐欺の報告に、警察が「何それ、カード使うあんたも悪いんじゃない」的対応が今でもあります。


4 ● 1500曲を突破♪
●14ポイント

http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_honkai.htm

衆議院-本会議・委員会等

先日、11月10日の衆院法務委員会における参考人聴取に招集された東京都立大学法学部長の「前田雅英」なる人物は、ご質問に登場する「河合幹雄」のちょうどカウンターパートにあたるというか、政界官界にひじょうに大きな影響力を持った権勢的な意味で当代随一の刑法学者。

http://www.comp.metro-u.ac.jp/~maedam/

前田 雅英

Watch this man!

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%B0%C5%C4%B2%ED%B1%D1

前田雅英とは - はてなキーワード

◎質問者からの返答

うーん、ホームーページのコンテンツは御用学者、という感じが濃厚ですね。


5 ● TomCat
●14ポイント

http://www.gender.go.jp/whitepaper/h16/danjyo_hp/danjyo/html/hon...

第2節 性犯罪の実態

治安の問題は、単純にその発生認知数や

検挙数では論じられません。

まず性犯罪の推移を検討してみましょう。

強姦の認知件数は過去一旦下降をたどったものの

近年連続で増加に転じており、

強制猥褻においてはここ数年で急増。

昨年においては1万29件という

無視できない数字になっています。

この認知数が氷山の一角であることは明かですから、

強制猥褻における統計に現れない治安の悪化は

甚だしいものがあると言うことが出来るでしょう。

http://japan.usembassy.gov/j/p/tpj-j20040615-50.html

2004年人身売買報告書(抜粋)

続いて、米国務省発表の2004年人身売買報告書を見てみます。

ここには

「日本は、アジア、中南米、および東ヨーロッパから、

強制労働や性的搾取のために売買される

女性や子どもの目的地となっている。

また、アジアおよび中南米の男性が、

犯罪、労働、性的搾取などのために

日本へ密入国させられるケースもある。」

と述べられていますが、

この問題が重視されてきたのはほんのここ最近であり、

日本における人身売買問題は、

今日まで放置されてきたと言っても過言ではありません。

ここには組織犯罪集団が関与していますから、

検挙数に現れない重大な治安上の問題を内包しています。

http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/029/03122401.htm

《調査・統計》平成14年度教育職員に係る懲戒処分等の状況について:文部科学省

こちらは平成14年の資料になりますが、

犯罪として立件されない治安の悪化の一例として

学校教育における教職者の懲戒に関する統計を見てみますと、

体罰と猥褻行為は極めて高水準であり

増加傾向であることがわかります。

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/syonanac/kisya/jyosei0526.ht...

このほか、ドメスティックバイオレンスも

実際の認知件数に比べて

極めて実数の多いと予想される犯罪です。

2002年に実施され2003年に公開された内閣府の調査によれば、

配偶者や恋人から身体的暴行を受けた女性は6人に1人、

20人に1人は生命の危険を感じたと答えています。

http://www.dapc.or.jp/data/kaku/6.htm

薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」ホームページ

このほか、麻薬・覚醒剤も認知数・検挙数に比べて

極めてその実数は多いと思われる犯罪です。

検挙数で見ればピーク時に比べて減少傾向にあるものの、

麻薬・覚醒剤に該当しない脱法的薬物まで含めると、

むしろ検挙数に現れない実数は急増していると考えられます。

このように、治安の状況というものは

けっして事件の認知数や容疑者の検挙数をもって

単純に評価することは出来ません。

法の手の届かないところで、

治安は確実に悪化しています。

◎質問者からの返答

まことに難しい問題ですが、過去において隠蔽されていた事例が顕在化してきた、という面もあるのではないでしょうか。

ただ、人身売買問題については、「日本は、アジア、中南米、および東ヨーロッパから、強制労働や性的搾取のために売買される女性や子どもの目的地となっている。また、アジアおよび中南米の男性が、犯罪、労働、性的搾取などのために

日本へ密入国させられるケースもある」けれど、さすがに日本人同志では起こりにくくなっていることは十五年戦争前より確実に変化したとは思います。

ただ、それが「人権意識」の徹底ではなく、規制が厳しくなったゆえの感があるのは残念です。外国人ならかまわない、という集団が一部に存在し、国民が無関心であることは、人権意識が徹底していない現われで、この状態で治安維持を叫ぶ権力が暴走すると、こわいことになりそうです。

もう少し広範な範囲の意見を聴きたいので、もう少し開けておきます。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ