人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ビクトリア朝時代のインドにおける、ダイヤモンドの採掘状況についての資料、小説などを探しています(ただし、『小公女』は除外)。書籍・URLどちらでも情報をお寄せください。
求めている情報には以下を含みます。よろしくお願いします。
・ビクトリア朝時代のダイヤモンド採掘における欧州各国および英国の出資状況
・ビクトリア朝時代のダイヤモンド採掘から研磨、製品化までの流れ
・ビクトリア朝時代のダイヤモンド採掘従事者、とくに鉱山技師など欧州人の上級職従事者の社会階層

●質問者: Mmc
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:URL インド ダイヤモンド ビクトリア朝 出資
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● So-Shiro
●35ポイント

http://www1.cominitei.com/museum5/scripts/hpdsp.idc?PARA=4C03

女王陛下のダイヤモンド―インドからの道

女王陛下のダイヤモンド―インドからの道

  • 作者: ケヴィン ラシュビー
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • メディア: 単行本

『小公女』で話題になっているゴルコンダ鉱山でも検索してみたのですが、役に立つようなURLがありませんでした。

ビクトリア女王に献上されたコーイヌールを産出したことで有名なゴルコンダ故山ですが、19世紀に採れたインド産ダイヤモンドは小粒、ということらしいです。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。おっしゃるとおり、インドで大きめの原石が採掘されたのは、18世紀くらいまでなのと、19世紀に南アフリカで大鉱脈が発見されて脇に追いやられたせいか、なかなかインド単体での資料が見当たりませんね。

別の回答を待って見たいと思います。ありがとうございました。


2 ● Sunderbird
●25ポイント

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/syometsu/hyderabad...

ハイデラバード藩王国

こんなHPでも参考になりますか?

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。採掘状況に触れていればと思ったのですが、こちらのURLからは難しいようですね。

別の回答を待ちたいと思います。


3 ● hiroyukiarita
●10ポイント

http://www.shigaku.or.jp/World/diamond1.htm

-ダイアモンド- 前編

物が語る世界の歴史

ダイヤモンド前編より

「ムガル帝国を事実上征服したイギリス東インド会社は、このダイヤを入手して、一八五〇年イギリスのビクトリア女王に献上」したそうだ。それが「コーイヌール」です

http://www.nihongo.com/diamond/kihon/diamfamo.htm

ダイヤモンドに関する基本的な知識・有名なダイヤモンド

有名なダイヤモンド一覧より

インド産がいくつかあります

ヨーロッパの中心、ベルギーより日本語で発信のTOPがダイヤモンドなんて、以外でおもしろいですね。

「最良質のダイヤモンドは、ベルギーのアントワープより全世界に輸出されてい」るからなんでしょうね。

以上、資料と言うことで回答させて頂きます。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。一つ目のURLは既知でした。

物としてのダイヤモンドではなく、ビクトリア朝時代のダイヤモンドを巡る市場・労働状況について質問させていただいておりますので、別の回答を待ちたいと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ