人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

“次世代エネルギー”として期待され、実現可能性が高い物質を教えて下さい。

●質問者: nekoringo
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:エネルギー 物質
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 23/23件

▽最新の回答へ

1 ● tkyktkyk
●12ポイント

http://www.mh21japan.gr.jp/japanese/

ホームページニューアルのお知らせ:メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム

メタンハイドレート

これしかないでしょう。

http://www.mh21japan.gr.jp/mh-1.html


2 ● poniponi
●12ポイント

http://school.jma.or.jp/eeken/

第14次 次世代エネルギーエレクトロニクス研究会

色々と研究されているようです。

水素、水はすぐに出ると思いますので、

燃料電池、太陽電池、風力発電、バイオマス、コージェネレーション、マイクロ水力発電等です。まだまだ実用化、大型化は課題(ほぼコスト面)が多いようですが。


3 ● dinonyx
●12ポイント

http://www.page.sannet.ne.jp/sachiro/ge1.htm

世界・日本のエネルギー事情

調べて見ると水素という答えが多かったです。

私は天然ガスだと思っていましたけど。


4 ● osarivan
●12ポイント

http://www.nire.go.jp/publica/news-96/96-10-2.htm

資源環境技術総合研究所 NIREニュース

「メタンハイドレート」と言うものがあるようです。


5 ● blizzard197101
●12ポイント

http://www.rite.or.jp/~mmg/Japanese/08/08_association/08_associa...

バイオマスエタノールは注目されている物質のひとつです。ブラジルではすでに自動車用燃料として、サトウキビから大量に生産されています。

エタノール(酒精)だって、燃やせば二酸化炭素が出るじゃないか、といわれそうですが、石油・石炭・天然ガスなどとはちょっと訳が違うのです。

バイオマスは(ほぼ)現時点での大気中の二酸化炭素を植物の形として固定することで得られますが、化石燃料を燃やすと太古の昔の地球上にあった二酸化炭素を排出してしまいます。地中にためてあった二酸化炭素をわざわざ大気中に出して、それで温暖化だ、といって騒いでいるわけです。

しかし、バイオマス(とそれから作られるエタノール)を燃焼することによって発生する二酸化炭素は、植物を育て続ければ、常にその時点で地球上にある二酸化炭素の量を超えることはありません。この点でバイオマスは次世代のエネルギー源として注目されており、また研究も進められています。

http://e-tech.eic.or.jp/libra/lib_8/lib8_1.html

↑こちらも御参考ください。


1-5件表示/23件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ