人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「臨床実績記録を偽造し合格:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041207-00000010-mai-soci」
「だれもがやっているようなことだ。認定医だから医者として優秀ということもない。制度そのものがあってもなくても同じだ。」
開き直りはともかくも”まあ、確かにねぇ・・・”と思いましたが・・・皆さんは?脳神経外科学会認定医はそこそこ難関なようですが、他の学会認定は金集めみたいなとこともありますよね。ご意見をお聞かせ下さい。

●質問者: hoshi-ygc
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:はと 制度 医者 合格 学会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ
●20ポイント

http://www.hatena.ne.jp/awindow?

みんなやってるならば、具体的に名前をあげてもらい資格の剥奪とかしてもらいたい。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

今回の”事件”、助教授の言っていることを決して正当化するわけではないのですが、周りを見ると・・・。


2 ● Taryun
●20ポイント

http://www.mhlw.go.jp/shingi/0112/txt/s1219-2.txt

認定医は1〜2%のものから85%程度まで合格率に幅があり、現在その幅が問題になっていることは当局も認知しています。

先日の新聞で(記事は見つかりませんでした。申し訳ないです)これから先1、2年でその認定医に対するスタンダードな当局側の考えを示すとありました。

そこそこ「認定医」は信頼おけるようになるのではないでしょうか。今すぐに、は無理でしょうけれど。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

そうですね、”金集め”のためと陰で言われるようなものではなく、それなりのものとして認められるようなものになって欲しいですね。


3 ● caq
●20ポイント

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%AA%8D%E5%AE%9A%E5...

お医者さんの学会認定に関しては、そんなもんかなぁとしか思わないのですが、参照されていた元の記事を読んで感想をば。

***

――なぜ、そのようなことをしたのか

現在、所属している日本消化器病学会の評議員になるためには内科学会の認定医になる必要があり、どうしても取得したかった。

――悪いことをしたと思わないか

だれもがやっているようなことだ。認定医だから医者として優秀ということもない。制度そのものがあってもなくても同じだ。

***

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041207-00000010-mai-soci

より引用

なんていうか、回答がワケわかりません。

「評議員になるために、認定医になる必要がある」って言ってるのに「認定医だから医者として優秀ということもない」って、まったく繋がりが読めないので、新聞の編集で途中をカットされてるのかなぁ。

別に認定医が優秀か優秀でないかは問題ではないと思うのです。制度そのものが形骸化していても良いです。日本消化器病学会の評議員になるためには内科学会の認定医になる必要があるのであれば、そこズルしたんだから駄目でしょ。って話だと思うのですが。

「評議員には、内科学会の認定医をこうやってズルして取ったやつは何人も居る」とかなら開き直りでも筋が通ってる気がするんですけど…

てか、こういう事ってバレるんですね。みんなやってるなら、何でこの教授だけ問題になったんだろ。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

おっしゃる通りのような気がします。

疑問に思ってらっしゃる部分は全く繋がりはありません。それぞれの答えと思っていただいて良いかと思います。

”氷山の一角”話は多いですよね(^^;)。


4 ● So-Shiro
●20ポイント

http://www.naika.or.jp/

日本内科学会

日本内科学会の認定医試験は、試験自体は困難ではありませんが、”同学会が定める「教育病院」または「教育関連病院」で3年以上の研修歴(教育病院での2年以上を含む)が必要で、研修の記録として、受け持った入院患者21人分以上の症例要約書や解剖記録を事前に提出しなければならない”ということが厳守されている点では、きちんとした研修を受けないと受験資格さえないという困難さはあります。

だれもがやっているようなことだ。認定医だから医者として優秀ということもない。制度そのものがあってもなくても同じだ。」って、大学の先生だからいえることではないですか?名義貸しと同じ発想としか思えません。制度そのものを陳腐化し、認定医の資格=優秀な医師、でなくしているとしたら、こうした発想の人々ではないですか?臨床をきちんとされている方の発言とは思えません。

少なくとも私の周囲の内科研修医は日本内科学会の受験資格を得るために、日夜研修に励んでいます。日本内科学会の認定医資格は、これをもっていないと、他の日本医学会の専門医試験を受験できないという重要な資格です。

こうした輩が他にはいないことを強く望みます。制度そのもの、ひいては医師そのものへの国民の信頼を損なうことになりますので。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

全くですね。

ズルすることなく研修に励んでいる人(これが大多数でしょうけど)ももちろん知っています。私、症例数が少し足りないので申請できずにいます(^^;)。正直なところ”名義貸し”みたいなことで乗り切る事は可能だと思いますが、やっていません(当たり前か)。


5 ● preirie
●20ポイント

http://auction.msn.co.jp/item/18727315

MSNオークション [マイ オークション]

URLはたまたま他で開いていたアドレスです。

開き直りの言い方はある程度の地位になった医師がよくするパターンですよね。自分でも覚えがあります。(私は泌尿器科の指導医と透析の専門医を持っていますが、まじめに取りましたよ。ただし、そのころは勤務実績だけで症例数は必要なかったですがね.)泌尿器科と透析に関しては現在は取得には症例数と試験がありますのでそれに合格した医師はとりあえずその分野に関しては医師として診断・治療を検討してもいい程度の知識はもっていると思います。診断結果・治療方針が正しいと一人で判断してもいい段階の医師になっているとは必ずしもいえないというぐらいレベルではないかと思っています。金集めということに関しては一回取得した認定医のライセンスの更新に関しては全くそのとおりだと思います。この更新を金集めではなく認定医としての能力を維持しているかどうかを見極めて行っていこうとすると認定医制度発足時にうやむやに認定してもらったある程度以上の年齢の先生方の大反対にあうでしょう。多分、そういった先生で今の認定医試験に合格できるかたは少ないと思っています。また、そういった年齢の先生は医師会などで大きな発言力をもたれている場合も多いでしょうから.将来、認定医が本当にその医師の能力を反映するレベルになるにはえらい先生方が引退して、現在、試験をパスして認定してもらった先生が更新時に再度試験や試問などを受けて再認定してもらうような制度に参加するのが当たり前の時代が来るまでは難しいでしょう。それぞれの医師の技量、病院のレベルが客観的にわかるようになるまではまだだいぶかかるでしょうね。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

そうですね・・・中身のある認定医・専門医資格となるにはハードルがまだまだありますよね。それなりのものになれば、取得しようとする人たちの励みにも一層なると思いますが・・・。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ