人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ホームページのコンテンツ作成において、出版書籍を参考にした場合、「凡例」や「○○参考」など注意書きや著者または出版社の事前了承が必要なのでしょうか?似た文章にはなりますが、丸写しした訳ではありません。

●質問者: yananao
●カテゴリ:政治・社会 趣味・スポーツ
✍キーワード:コンテンツ ホームページ 作成 凡例 出版
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● nishiyu
●16ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

CGIスクリプトの場合 (C)作者名 みたいな感じで記載されていると思いますので 削除しなければ大丈夫かと思います

たぶん 了承なしでも大丈夫かと思います

◎質問者からの返答

有難うございます。


2 ● TomCat
●16ポイント

http://deneb.nime.ac.jp/kihon/ken11.shtml

著作権関係 翻訳(権)・編曲(権)・変形(権)・翻案(権)

参考文献などの表示は、

むしろ役立たせてもらった文献の

著作者や出版元などに対する礼儀として大切なことであり、

推奨されることです。

参考文献名や出版社名などを記すことについて、

承諾や了承は全く必要ありません。

むしろご質問のケースで問題になってくるのは、

他者の著作物を参考にした部分が、

著作権法上の翻案にあたらないかどうかということです。

既存の著作物の内容が維持されながら

言い回しを変えたり文章の前後を入れ替えたりしただけだと、

これは丸写してでなくとも

著作物の二次利用ということになってきます。

しかし、単に既存の著作物からはヒントを得ただけである、

あるいはそれで勉強したことを元にして

新たに自分の思想性創作性を用いて書き起こしたものである、

といった場合には、これは全く何の問題もありません。

この点が後者であると主張するためにも、

「引用元」「原典」ではなく

あくまで「参考文献」なんだ、

と表示することはとても大切なことになってきます。

◎質問者からの返答

非常に参考になります。有難うございます。注意します。


3 ● satobo_77
●16ポイント

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%FA%CD%D1

引用とは - はてなキーワード

参考にした出版書籍がホームページ作成の手引きであれば○○参考と書く必要もないでしょう。他人が書いた文章を自分が書いたように書く場合は「○○参考」と書いても公開することはできないでしょう。

「○○参考」と書いて自分のサイトのコンテンツとしてのせることができるのはその間の範囲の使い方だと思います。まねをしたと訴えられないように気をつけて作成し,「○○参考」などと書かなくていいようにすることが大切です。引用の場合は「○○から引用」と書くことで思いっきり載せることができます。自分で書いた文章の何割までとかルールがあるようです。大半が引用で占めることはできません。

サイトポリシーや注意書きなどもまねをした利すると訴えられることがあります。

ご参考までに。

◎質問者からの返答

有難うござ慰安す。勉強になります。


4 ● poniponi
●16ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

↑ダミーです。

注意書きや事前了承は必要ありません。

別の視点から考えてみると、

あえて「参考文献」等と書くことで著者に対しての予防線も張れます。万が一著者が見た場合に「参考文献」等の一言が入っていたら

「あ、参考にしたんだな」で済みますが、

入ってない場合は、

「盗作やんけ!?」

と言う事態にも発展しかねません。

昨今、盗作問題や著作権問題は重大な問題になってますし、コンテンツの内容が専門的なら尚更必要性を感じます。

◎質問者からの返答

やはり注意が必要ですね。有難うございます。


5 ● szkn
●16ポイント

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c5%be%ba%dc

転載とは - はてなキーワード

ホームページコンテンツ、書籍に限らず…

【「凡例」や「○○参考」など注意書きや著者または出版社の事前了承が必要】かどうかを考える程度に【出版書籍を参考にし】かつ【似た文章】であれば【丸写しした訳では】なくても、著作権を侵害している可能性が高いです。

ミッキーマ○スの絵を、トレース紙で丸写ししても、フリーハンドで似せて書いてもアウトであることを考えると分かりやすいかもしれません。

ただし、どらエ○ンとうま○棒のように、素人目にアウトでも、著作権者は何も言わないこともあります。著作権侵害は親告罪であり、著作権者が何も言わなければ「犯罪」にはなりません。(一部例外あり)

あとは、「似た文章」の内容です。

例えば、この回答のてにをはや文章の順番を入れ替え、ミッキーマ○スをドナルドダッ○に変えた場合には翻案どころか転載にあたる可能性もあります。

また、poniponiさんの回答にある

【万が一著者が見た場合に「参考文献」等の一言が入っていたら「あ、参考にしたんだな」で済みますが、入ってない場合は、「盗作やんけ!?」と言う事態】に発展しかねないような文章は、参考文献として明示していても「盗作」です。

安倍な○みさんが、参考にした曲名を明記していたとしても、本人に許可を取っていなければ「盗作」であることに変わりはありません。

質問が「似た内容」であれば、これほど辛辣に回答するまでもないとは思ったのですが、「似た文章」とあったので、くれぐれもご注意ください。

◎質問者からの返答

勉強になります。有難うございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ