人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

イラストやマンガを描くのが好きでも、それを生業としていらっしゃらない方にお訪ねします。それはどうしてですか?(申し訳ありませんが、作品を拝見したいので、その一部でもネットにアップしていらっしゃる方に、回答者を限らせていただきます。「サイトのURLなんか公開出来ないよ〜」とおっしゃる方は、copy_cats@hotmail.comにURLを送って下さいませ)

●質問者: aryl
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:@hotmail.com URL いただきます しゃる イラスト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● syouzou-toki
●35ポイント

http://www.doblog.com/weblog/myblog/6362

Doblog - Maintenance

自分のブログで、高校から大学時代にかけて描いたイラストを公開してはいますが、それが目的のブログではありませんので、当該イラストの一部のみURLを下に張っておきます。回答内容がご希望に添わないようならポイントは不要です。

漫画やイラストで生業としていない理由は簡単で、漫画はもう描いていませんが、漫画の原作者をやっているからです。イラストが上手いことと漫画が上手いことは重なる部分も多いですが、本質的にはまったく別のことです。特に漫画の場合は、作品のアイデア・キャラクター・台詞・構成・演出・テーマ・盛り込まれた情報など、面白さを構成する要素はたくさんあり、絵の上手さはそのたくさんあるようその中のほんの一部でしかない、ということです。絵が上手ければ漫画家になれるというのは素人考えでしかないと思います。

ところが残念なことに専門学校の漫画家コースの人達とか、知り合いの漫画家が特別講師としてたまにいっても、質問の9割が技術的なことに終始して、その人達が描いた作品を読むと内容的には支離滅裂でどこかで見た作品の、そのまた断片のつなぎ合わせでしかなかったりするわけです。絵も上手いといえば上手いですが、自分の特異なアングルの得意なポーズだけで構成されているので、立体感に乏しかったり。

小説家の菊池秀行先生などに言わせると、「大友克洋は絵は上手いかもしれないけど、漫画はヘタ」ということになるのですが、そこがピンと来ない人が多いようです。ヘタといっても、大友先生自体はそれでもストーリー作りや演出は上手い部類にはいるのですが。大友先生が評判になった時、手塚治虫先生があの緻密な絵柄をささっと模写されてみせたことがあるそうですが、およそ漫画家としての技術がある人は、それぐらいのことは出来るわけです。ただ自分の書きたいテーマとかにあう絵柄を取捨選択しているだけで。

さらに魔夜峰央先生に言わせると、新宿のビル街をリアルに描きました、渋谷のビル街をリアルに描きました、池袋のビル街をリアルに描きました、それが漫画の面白さの本質にどこまで影響するのか?……ということになります。読者に対してそこが新宿なのか渋谷なのか池袋なのかが伝わればいいだけであって、四角い長方形を2〜3個描いて、黒く塗りつぶして「新宿」というナレーションを入れれば、新宿副都心のビル街をリアルに描いて読者に示すことと同じ効果が得られるんだから、だったら自分はそんな部分に時間をかけるぐらいなら墨ベタで描いたビルとナレーションで済ませて、その時間をギャグのひとつも考える時間としたいと語ってらっしゃいましたっけ。

イラストの上手さも同様に、技巧的な上手さと本質的な上手さとは別物ですから。自分のように他人の猿まねが上手くても、それをもってイラストが上手いなどとは言わないのです。

ジャズのルイ・アームストロングの声はしゃがれていて、お世辞にも美声とは言えませんが、聞いていくうちにその個性的な声の虜になります。彼よりも美声な人なんて、街のカラオケ自慢ですらいっぱいいるでしょうが、彼のように世界中から愛されるしゃがれ声はいないわけです。

自分の場合は、わりと早い段階でそのことに気づきましたので、絵は趣味程度に留めて、サラリーマンをやっていたのですが、去年思うところがあって漫画原作者に転身してしまいました。ただ、漫画の面白さを構成する多様な部分の中で、ストーリーの骨格を作るという部分に魅力を感じていたことと、絵を描くこと自体が面倒くさい(集中力が続かない)という点で、絵を描くことを生業にはしませんでした。

山上たつひこ先生が小説家に転身されたように、本当に漫画が上手い人は絵はないがしろにはしていないけれども、それほど重要視もしていませんね。星野之宣先生のように、絵もストーリーもキャラクターもアイデアも凄い漫画家もいますが、その星野先生は諸星先生を限りなくリスペクトしていることからも、それはわかると思います。

http://www.doblog.com/img/u6362/FI652716_0E.jpg

Doblog - Maintenance

http://www.doblog.com/img/u6362/FI658865_0E.jpg

Doblog - Maintenance

http://www.doblog.com/img/u6362/FI675963_0E.jpg

Doblog - Maintenance

http://www.doblog.com/img/u6362/FI688304_0E.jpg

Doblog - Maintenance

http://www.doblog.com/img/u6362/FI661055_0E.jpg

Doblog - Maintenance

◎質問者からの返答

とてもご丁寧で分かりやすく、更に納得のいく回答を有り難うございました。

私も丁度原作者を目指してみようかと思っていたところだったので、「おお!」と、思ってしまいました。

いま漫画家を目指している人たちが、絵のうまさ、見栄えの良さに固執するのは、読む側としても、そういうマンガに惹かれるせいでしょうね。

また、他の人が描いた作品に触発されることも、マンガを描くうえでの大きな原動力になり得ますから、『どこかで見たような……』というのが多くなるのも、ある程度は仕方がないという気はします。

とはいえ、「自分にしか描けないものを描いてみせる!」という気概が感じられないのは、寂しいですよね。

おっしゃる通り、絵がうまいことと、マンガを描くのが上手いことは別物で、小説にしてもそうなのですが、例え少々粗や矛盾があったとしても、それを補って余りあるパワー──世界観、キャラクター、ストーリーなど──が描けていれば、魅力のある作品になるんですよね。

早くにご自分を客観的に分析なさったうえ、思ったことを行動に移されたsyouzou-tokiさんは、称賛に値します。

もし私が原作者の卵になれた場合、何卒、ご鞭撻のほど、宜しく申し上げます。

ところで作品も拝見させていただきましたが、既成画家の真似とはいえ、ここまでタッチや雰囲気を再現出来るのは素晴らしい才能だと思います。


2 ● thany
●15ポイント

http://www11.ocn.ne.jp/~memepot/gallery.html

+Memepot+

絵を描くことは大好きですし、仕事にしたいと思うことはあるのですが、

時間に追われて描いていたら、自分の満足いく絵を描けないんじゃないかと思うのです。

また、自分は技術不足だとも思っているので、お金を貰うのはおこがましいかとも思います。

サイトを開いているのは、好きなゲーム(でもマイナー)の知り合いが出来ればいいなぁ、

という気持ちと、

自分の画力向上のため(恥を晒して己を知る、みたいな)です。

◎質問者からの返答

向上心がお有りなのですね!(私も完璧主義の傾向が強く、自分で納得出来るまで作品に手を加えてしまうほうですが)。

しかもご自分を客観視出来ているということは、それだけで他の人より一歩先んじているということだと思います。

作品を拝見させていただきましたが、キャラクターだけでなく、背景を描かれるのもお好きだというのが非常な強みになっていて、数枚のイラストにドキッとさせられました。

その中でもm-tina01.htmlには特に、光るものを感じます。

世界観を表現するのがお上手だと感銘を受けましたので、これからもどうか頑張って下さい。


3 ● re_ki
●25ポイント

http://www8.plala.or.jp/m-soul/r/e/e.htm

イラストを生業としていないのは、

0.生業にするほどの実力(というよりセンスと言った風のもの)がないから。

まず、主体的に する しない 以前の問題ですが…。

他から抜きん出て人を惹きつける絵には、上でsyouzou-tokiさんの回答にも

あるように、それらしく描けるか、デッサンが出来るか、とは別の問題で

(私自身はデッサンもまだまだ力不足ですが)、魅力が必要だと思います。

私の絵はそのあたりが足りないので。

因みに、漫画に関しては余り書きたいと思わないし、更に技術が全然無いです。

1.好き勝手に描きたいから。

どんな絵でもそれなりに楽しんで描きますが、プロは自分の描きたいもの

だけ描けるわけでは無いので。

2.一応は他に仕事にしたい事もあるから(今は学生です)

でもこれはこれで、視覚に関係ある事でイラスト好きってことから派生して

いるとも言えなくはないですが。イラストからは遠い分野ですが。

サイトで絵を公開している理由は、

1.誰かに見て欲しいから。

これが一番単純な理由です。小さい子が親の前に自分の描いた絵を親の

目の前に持って行くような感じです(笑)

2.人と絵の話をしたいから

私は某お絵描き系ポータルサイトの企画に参加しています。

その企画は、同じテーマで絵を描くというものなのですが、参加者間の

交流が盛んで、企画の絵についてでもそれ以外でも、よくチャットで

良く話します。そこに参加するにはイラストサイトが必要だったので、

その為にサイトを作る決心をしました。

http://page.freett.com/reki/EW/illust.htm

Elemental World =イラスト=

その企画用のイラストはここに置いてます。こっちの方が上に書いたような理由から

やる気満々!な感じです。空回っています(笑)

実力がもし有れば、それに引っ張られて仕事にしたいと思うかも知れ無いですが、

でもやっぱ絵は好き勝手描くのが良いなぁとは思います。

余談ですが、やっぱり漫画は話が重要だな、と最近実感しています。絵が綺麗なことに

越したことは無いし、絵の第一印象で興味を持つ持たないが決まるかもしれませんが、

最低限状況さえ分かれば、漫画として楽しむのに足りると思うからです。

◎質問者からの返答

いやあ、作品を拝見させていただきましたが、センスがお有りだと思いますよ。

特に公式企画参加イラストでは、キャラクターの浮遊感や、それぞれのイラストから様々な種類の風が感じられるところが凄いと思います。

それに、デジタルならではのエフェクトをかなり使いこなしていらっしゃいますし、色の選び方、塗り方が素敵だと思うものも多いです。

ただ、好きに描きたいからというお気持ちは分かりますね。

職業にしてしまうと、どうしてもリテイクを出されるでしょうし、意に染まぬものを描かなくてはならないこともあるでしょう。

他に夢があるというのも素晴らしい限りです。

サイトを作って、好みが共通しているお友達を増やし、互いに触発、切磋琢磨していくのは本当に楽しいですよね。

こういう企画があるということを知らず、また大変興味を引かれましたので、私も参加してみようかなと思います。

ついさっきまでは、自分でこのような企画を立て(エレメンタルではなく、モンスターで)、皆様からイラストを募集しようかななどと考えていたのですが。

マンガに対する考察も有り難うございます。

人の好みを云々言うことは出来ませんけれど、描く側の姿勢が、ストーリー(&キャラクター)重視になって欲しいなあと、私も願う次第です。


4 ● KUROSHINA
●10ポイント

http://www.geocities.jp/kuroshinayou/ilust/xxgalleryxx.html

へっぽこ画廊。

絵を描くのは好きですが、生業にするほどの画力がない、というのが大きな理由です。

やはり、綺麗だったり雰囲気があったりするイラストの方が、見ている側としても良いので…。

少しでも自分にしか出せない良い味が出せたらな、と色々な作家さんを見ながら日々勉強していますが、なかなか上手くいかないものですね;;

サイトを開き、ネットで公開しているのは、私の絵を「好き」だと言って下さる方が居るから。

一人でもそう言って下さる方が居れば、これからも公開したいと思っております。

それに、絵を描いている方と色々なお話をする機会も出来ます。

それに、色々な趣味を持つ事は、人間性に幅が出るんじゃないだろうか、と思います。

なんだか、質問の主旨から外れた答えになってしまったかな?

散文失礼致しました。もし希望していた答えと違いましたら、ポイントは結構です。

http://www.geocities.jp/kuroshinayou/ilust/D02.jpg

http://www.geocities.jp/kuroshinayou/ilust/D03.jpg

◎質問者からの返答

“色々な趣味を持つ事は、人間性に幅が出るんじゃないだろうか、と思います。”

全くその通りだと思います。

それに、自分にしか描けない絵を追求して、努力し続けていけば、その目標を達成するまでに、思わぬところで得るものが多々あるでしょう。

また、人との繋がりというのも大きな財産ですしね。

私はKUROSHINAさんのように向上心がある方が大好きです。

ご回答有り難うございました。


5 ● Gyokuran
●15ポイント

http://strangeworld.cc/~sakurahanabira/mono/wataoni03.php

http://strangeworld.cc/~sakurahanabira/mono/natuppoi.php

http://strangeworld.cc/~sakurahanabira/mono/ing.php

好きこそ物の上手なれとはよく言ったものですが、

自分のように趣味に納まる程度の画力しかない人もなかなか多いのかもしれません。

上記とは別にですが、ちまちま更新して楽しむのが好きな部分もあります。

そのときそのときでマイブームな何か、とか

季節柄殴り書かずにはいられない何か、とか。

そういう楽しみ方もありなのかもしれないと思っています。

◎質問者からの返答

いやいやいやいや。

これこそ“好きこそ物の”じゃないですか。

しかし、好きに描くから筆のすべりが良くなるということもありますし、専門家が見れば、アドヴァイスが出来る部分があるのかもしれませんね。

実は私、新人の時点で体を壊し、作家を辞めた人間なのですが、おこがましくも言わせていただくと、Gyokuranのイラストは、プロに見てもらい、意見を聞くことによって、ぐんと伸びるような気がします。

もっと作品を拝見したいなあ。

-------------------------------------------------

ご回答くださった皆様、とても勉強になりました。

心から感謝いたします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ