人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

実験で青酸ソーダ(1M NaCN)を使っています。
亜硝酸ナトリウム+チオ硫酸ナトリウムの水溶液で解毒できると聞いたのですが、具体的にどのように、どのくらいの量(mol)、比で混ぜて用いるのですか?

●質問者: plp
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:MOL ナトリウム 亜硝酸ナトリウム 実験 硫酸
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● morison
●15ポイント

Amazon.co.jp: 取り扱い注意試薬ラボガイド: 東京化成工業: 本

この本がわかりやすくておすすめです

◎質問者からの返答

具体的な情報をお願いします(^^;)


2 ● So-Shiro
●15ポイント

http://www.j-poison-ic.or.jp/kagakuheiki.nsf/0/1633b14fc2a690ec4...

$FILE/NitrThio.PDF

青酸ガスを吸入した場合の手順は上記URLのように決められています。

http://dnakama.nothing.sh/bbs/log/200110/4011.html

どるこむ仲間の掲示板! - 2001年10月 / [4011] 冒険野郎 Macgyver

こんなBBSもありました。

http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/chem/tekisei/57/57_2.html

東京都の化学物質適正管理について 条例対象物質11-20

無毒化するときの手順は、「酸化法:水酸化ナトリウム溶液を加えてアルカリ性とし(pH11以上)次亜塩素酸ナトリウム、さらし粉等の酸化剤の水溶液を加えて、酸化分解する。分解後、硫酸により中和する。」とあるので、少し違うような・・・。これだと、必要な硫酸の量は0.5モル、次亜塩素酸ナトリウムは1モルではないでしょうか?

◎質問者からの返答

なかなか分かりやすいですね(^^)ありがとうございました。


3 ● blizzard197101
●15ポイント

http://www.fukui-med.ac.jp/PHA/tyu/CN.html

上のURLを御参照ください。こんな方法でヘモグロビンと、配位結合している鉄を再生できるんですね。化学専攻ですが、生化学に疎いもので、知りませんでした。

物が物だけに、取り扱いには十分注意してくださいね。

◎質問者からの返答

なるほど、参考にさせていただけます。ご忠告感謝します(^^)


4 ● lovesomebody
●15ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061533118/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 取り扱い注意試薬ラボガイド: 東京化成工業: 本

http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf/0/dd539c05c5be67a34925...

ニュース欄(シアンおよびシアン化物)

ナチスドイツがアウシュヴィッツの強制収容所で使ったのも液化青酸ガスだったらしく、工業的には各種メッキ、写真の発色、殺虫剤としても使われている。

◎質問者からの返答

本の紹介は必要ないですm(_ _)m


5 ● きょくせん
●15ポイント

http://web.jiho.co.jp/toxicol/page042.html

もし、誤って飲んでしまったときはまずは胃洗浄です。ただ、病院への搬送後ですが。

http://www.hosp.go.jp/~tdmc/b_chemi.htm

前の方ご回答のHPに解毒機序が載っていましたが、どうも亜硝酸ナトリウム注射液というのは市販されていないようですね。日本薬局方品として存在すれば、必要量を院内製剤して保管するという事も出来るのでしょうが、ちょっとそこまで調べられませんでした。多分、こちらのシアン中毒セットというのはそんな感じで作られているんだと思います。

あと、医療現場ではあまりモル濃度というのは使われていない単位だと思います。

◎質問者からの返答

なるほど、参考になりました(^^)ありがとうございます。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ