人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

零細企業の会計を勉強するのに最適な本やサイトを紹介してください。

●質問者: mc-life-es1
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:サイト 会計 勉強 零細企業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● kuguru
●16ポイント

Amazon.co.jp: 堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方: 堀江 貴文: 本

とりあえずこれを読めば起業から上場まで学べます。

あと会社は運営では経理が重要なので簿記は3級、できれば2級を勉強しましょう。


2 ● p00437
●16ポイント

http://www.chusho.meti.go.jp/zeisei/kaikei38/kaikei_index.ht...

中小企業の会計

会計ツール集のダウンロード(Excel形式)もで着ます。


3 ● juliannaoki
●16ポイント

http://esbooks.yahoo.co.jp/books/detail?accd=08006161

上記のような本はいかがでしょうか?

http://esbooks.yahoo.co.jp/books/detail?accd=30960941

これは実際に会計の方が著したもののようです。


4 ● sami624
●16ポイント

http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/0001421558/

楽天ブックス|合格テキスト日商簿記3級Ver.3.0 - TAC株式会社 : 本

先ず簿記3級程度の会計知識が必要になります。日本の会計は発生主義となっているため、取引発生時にどのような勘定取引が発生するかを理解しないと、先に進めません。

http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/0001713996/

楽天ブックス|申告所得税取扱いの手引(平成16年版) - 小川美憲 : 本

こちらはちょっと難解なものですが、零細企業の会計を勉強するとなると、税金の深刻な関わる知識も多少なりとも必要です。最近の税制の改正点や理論について、ある程度は理解する意味で読むことをお勧めします。

http://www.nta.go.jp/

国税庁ホームページ

基本的にこちらは正当な額の税金を納めることを望んでいるわけですから、たまに目を通しておくといいでしょう。

本は買わずに図書館でリクエストをすることをお勧めします。色いろな本を読んで、これは分かりやすいと思った本を買えばいいのです。


5 ● lovesomebody
●16ポイント

Amazon.co.jp: 粉飾バンザイ!―税理士は教えてくれない!「決算」&「会計」の裏ワザ!: 小堺 桂悦郎: 本

「決算」&「会計」の裏ワザについての本です。

Amazon.co.jp: キャッシュレス、伝票レス、社員レス!ココまでできる経理の合理化―経理の人件費と作業時間が半分以下になる101の改善策: 児玉 尚彦: 本

出版社/著者からの内容紹介経理には、3つの常識があるそうです。

[常識(1)] 立替経費は小口現金で精算する

[常識(2)] 伝票・帳簿は毎日つける

[常識(3)] 簿記の知識のある経理社員は絶対必要である

これは、経理業務をする上での不文律であり、このことを基本に日本企業は経理を行っているそうです。

しかし、コンピュータ会計やアウトソーシングの登場によって、この3つの常識は実は非常識にすりかわってきているのです。

本書は、税理士として多くの企業の経営指導に当たってきた著者が、顧客企業の経理業務がいかにしてより良くなるかを実地研究して導き出した手法を公開したものです。中小企業経営者、経理担当者には「目からウロコ」の経理実務の本で、すぐに対処できる【経理業務101の改善策】を楽しく、わかりやすく紹介しているそうです。

http://www.keirinshobo.co.jp/booklist/general/account/account.ht...

会計に関する本がたくさんあります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ