人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「計画的に嘘をつく時は多弁になる」という説が紹介されたサイトを教えて下さい。先日、訴訟の本人尋問で被告がいくつもの嘘をついたのですが、嘘をついている時、質問もされていない事をべらべらをしゃべり出し、多弁になったので、「計画的に嘘をつく時は多弁になる」という定評のある説があると、それを併記すると説得力があると考えています。従って、「定評のある説」が知りたいです。

●質問者: angel_ring
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:サイト 被告 訴訟
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● chino
●18ポイント

http://www.okayama-u.ac.jp/user/le/psycho/member/hase/yh-sem...

こんな感じ?

◎質問者からの返答

もっと、ズバリと書かれた説が欲しかったのですが、

このページに

「うそ研究に関して、村井先生はその学問的知見を

簡単に公表すべきではないと・・」

とある通り、難しいのかも知れませんね。


2 ● riesyan
●18ポイント

http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/koneko/uso.html

ウソの心理学、嘘の心理学(アクセス数3000万の心理学定番サイトこころの散歩道)

このURLに載っています。

◎質問者からの返答

なるほど・・・


3 ● hiroyukiarita
●17ポイント

http://d.hatena.ne.jp/prader-willi/200411

プラダーウィリー症候群(Prader-Willi Syndrome)の情報のメモ

プラダー・ウィリ症候群についてです

7.行動の問題に書いてあります

◎質問者からの返答

プラダー・ウィリ症候群というのは

特殊な病気のようですね。


4 ● matiki
●17ポイント

http://www007.upp.so-net.ne.jp/rindou/essay10.html

エッセイ12

なかなか見つからないのでインスピレーションを得たサイトを。

嘘を一度つくとどうしても嘘をつき続けることになり、それはとても困難かつ苦しいことなので、発言者は問題の核心から話が逸れるように或いは問題の核心に迫る余裕のある時間を無くすために多弁になるのではないでしょうか。嘘をつくときに多弁になる、というのは考えてみれば経験則から当然のことで、このこと自体を実証的に研究することはしていないのではないか、なんて思いました。(あったらすいません。)

むしろ、回答1のサイトに危険性が示されているように、そのような傾向があるとしても安易に嘘をついていることの説得的な理由としてあげることはしない方が良いと思います。もし嘘とは関係ない「癖」だとしたら無辜が処罰又は義務を負担させられる事になりかねないのではないかと・・・。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ