人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

私は「デッサン」とは「見たまま描くこと」だと漠然と認識していたのですが
「物体を立体構造的に認識する」ことを「デッサンである」といっているいる方もいます
先日、本屋で美大受験の本をぱらぱらと立ち読みしていたら
両方の認識での描き方が載っていました
どっちなんでしょうか?どっちも正しい?どっちも間違っている?
あと時々全然写実的でない絵でもデッサンといっていることがあるのですが
あれがデッサンである理屈を教えて下さい

●質問者: moh(妄碌庵)
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:デッサン 全然 受験 本屋 構造
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● hensyuushi
●10ポイント

http://www.tabiken.com/history/doc/K/K269C100.HTM

造形芸術

デッサンの語源はラテン語の designare(指示する)で、

http://www2.educ.fukushima-u.ac.jp/~koichiw/asca/asca_watan_3.ht...

「絵画とは何か」渡辺晃一 +-+ASCA 芸術の現在・現代の美術+-+

フランス語のdessin、英語のdrawing共に線を引くということをベースとしています。

http://www2.educ.fukushima-u.ac.jp/~koichiw/asca/asca_watan_4.ht...

「絵画とは何か」渡辺晃一 +-+ASCA 芸術の現在・現代の美術+-+


2 ● きゃづみぃ
●20ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%B5%E3%...

デッサン - Wikipedia

見たままというか、正しくかくことですね。

写実的でない絵にも使われるのは、言葉が独り歩きしているだけでしょう。

本来の意味とは ちょっと違った意味で使われる言葉は多いです。

◎質問者からの返答

Wikiの定義を自分なりに噛み砕いて認識するのなら

3Dフレーム的認識という事は間違いで

カメラの様に視覚的に正しく描くことですよね

ではなぜ先の本には

両方の描き方が載っているのかが

不思議ではあります

(技法としてのその認識が必要になるということですし)


3 ● yujihirose
●14ポイント

http://d.hatena.ne.jp/yujihirose/

ポイントは結構です。自分元絵描きなんですが、デッサンの定義、ですよね?デッサンとは「物体を立体構造的に認識する」だと思います。私はそのようにして絵を書いてきました。また実写的でない「デッサン」の定義とは、全体のバランス、何かの本で読んだのですが美しく見える黄金律というものがあるそうです。例えば長方形をX対yといった具合に美しく見える数値があるそうです。抽象的な

答えですみません…

◎質問者からの返答

構造的認識で描いている方ですね

あと黄金律はデッサンと関係ないような気もしますが・・・・


4 ● aryl
●14ポイント

http://sora-b.cool.ne.jp/il/lvup/dessin.html

COOL ONLINE

僭越ながら、美大に入る前に教わったことを。

デッサンとは、空気、物体と物体の間の空気を描くことです。

乱暴に言うと、形を取るのはクロッキーのほうになります。

◎質問者からの返答

URLの説明だと

技法というよりは認識の問題に入って来ますね

ここら辺が混乱する所です

純粋に技術の問題なのか認識なのか・・・


5 ● nishiyu
●30ポイント

http://www.asahi-net.or.jp/~mf4n-nmr/picaso.html

ピカソとデッサン

ご参考に

◎質問者からの返答

非写実デッサンの理由として興味深いです


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ