人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

大腸ガンになるとアンギオ検査をするのはなぜですか?なぜ必要なのですか

●質問者: mayukatu
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
✍キーワード:検査
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● gobo
●15ポイント

http://www.radiol.med.kyushu-u.ac.jp/sinryou/kekkan_zouei.html

九州大学 臨床放射線科 血管造影

大腸ガンに限らずさまざまな悪性腫瘍の検査に用いられているようです。

http://www.medicos-hirata.co.jp/kekkankensa.html

製品紹介

アンギオ検査=血管造影検査


2 ● iikai
●20ポイント

http://www.pref.aichi.jp/cancer-center/400/410/411/411-16.html

愛知県がんセンター/当センターの紹介/病院/麻酔科H21

大腸がんの全例にアンギオ検査(=血管造影)を行うことはありません。考えられる可能性としては、

1.大腸がんからの出血量が多く、内視鏡的治療では止血できず、外科手術もすぐに行えない場合。造影検査を経て、出血部位の動脈をスポンジで止めてしまうことはあり得ます。

2.大腸がんが肝転移した場合、数が少なければ、冠動脈リザーバー療法を行うことがあります。血管造影を経て「リザーバー」という点滴の「コンセント」のようなものを体内に作ります。以後は経皮的にそのリザーバー内に抗がん剤を注射すると、癌の病巣にターゲットを絞った化学療法が可能になります。

3.大腸がんの手術をする前に、狭心症など心疾患が原因で安全に麻酔をかけられない可能性があるときに、心臓カテーテル検査を行うことがあります。


3 ● So-Shiro
●25ポイント

http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pro/vod/abstract/MC04-27.html

MC04-27

悪性腫瘍の場合、手術をする場合の術前検査には議論があります。

http://gendai.net/contents.asp?c=111&id=368

ゲンダイネット

他の臓器への転移があると、手術の様式自体代わってきますし、予後(今後の見通し)も変わってきます。大腸がんの場合は、肝臓のどの部分に、どれだけの数の転移があるかでも予後が変わってきます

http://www.geocities.co.jp/Colosseum-Acropolis/9112/gazousindan....

〔超音波〕

肝臓の腫瘍の画像検査では、アンギオが極めて有用です。ヨード過敏症による副作用の問題は完全には解決されていませんが、現時点では、進行大腸がんの検査にはアンギオ(肝アンギオ)は必須と考えます。


4 ● blackjack29x
●15ポイント

http://www.nsknet.or.jp/~nagasato/colon.html#f

大腸癌の診断と治療

造影する利点は腫瘍がより鮮明に見えるので正確な位置と大きさがわかります。転移の有無がわかります。しかし血管造影自体侵襲性の強い検査です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ