人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日記の中に、紹介したいミュージシャンの歌詞を引用したいときは、必ずその著作権をもつ事務所(?)等に承諾してもらわなければならないのでしょうか?それとも引用の量によっては不要なのでしょうか?

●質問者: mind-guerrilla
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:ミュージシャン 引用 歌詞 著作権
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●10ポイント

http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html

著作権法

著作権という権利は著作物が成立した時点で

何の宣言も要することなく成立します。

このことは、著作権という権利を自覚的に行使するも

しないも権利者の自由、ということを意味しています。

引用という行為は公正な慣行に合致する限りにおいて

著作者の許諾無しに行えますが、

この公正な慣行というものは時代と共に変化しますし、

著作権者の自覚的意識の度合いによっても

それを許諾不要の引用として認めてくれるか、

あるいは複製として権利侵害を主張されるかが変わってきます。

基本的に、著作権法の理念から

これは公正な慣行に合致していると釈明できる限り、

告訴されても何も恐れることはありませんが、

面倒を背負いたくなければ

商業的著作物の二次利用は極力避ける、

あるいは予め著作者の許諾を得ておくのが安心です。

合法であると言うことと、

訴えられないと言うことは別のことですので、

その点十分理解しておくことが大切です。


2 ● hiroyukiarita
●10ポイント

http://syajyo.tamacc.chuo-u.ac.jp/~kamisa_j/onsei4.html

基本はこうですね。

でも出典を明らかにしているだけの物は多いです。

悪用されなければ、罰せられることはないと思いますが・・

きちんとした方がいいと思います。といっておきます。


3 ● inex
●10ポイント

http://www.houko.com/00/01/S45/048.HTM

著作権法

>(引用)第32条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

一般的な解釈としては、引用するにあたって引用元を明らかにしなければならないのと、引用もとのコンテンツが示す意味(内容・意図)が変化しないように引用すればよいでしょう。


4 ● yas-mal
●10ポイント

http://www.law.co.jp/okamura/jyouhou/gifu-keizai/j2/tsld031.htm

適法な引用の要件(1)

「引用」であれば、法的に認められています。

「引用」として、合法的に載せられるための条件ですが、量というより、参考URLのようなことになります。

一番大事なのは、

・あくまでも中心は自分の文章であること。

「いい歌詞なので、載せたいと思います」とだけつけて歌詞を全文載せたら、それは、「引用」ではなく、「(無断)転載」になります。

ほかに

・自分の文とはっきり区別すること

・引用元をはっきり示すこと

などが必要です。

そういった形でなく、歌詞を中心に据えたいのでしたら、

著作権者の承諾が必要になります。

著作権については、多くの曲はJASRACが管理しています。

歌詞の引用は一曲につき一年で1500円らしいです。

http://www.law.co.jp/okamura/jyouhou/gifu-keizai/j2/tsld032.htm

適法な引用の要件(2)


5 ● kurupira
●10ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1234823

人力検索はてな

ただ日記に引用するだけなら問題ないと思います。心配ならば”出典〜より”と脇にでも書くといいですよ。

それを使って商用利用するなら承諾が必要だと思います。


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ