人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

遊休土地の減損会計の適用を検討しています。
遊休土地が複数あるのですが、減損処理をする
にあたり、資産のグルーピングということで、
複数の土地をまとめて、減損対象の評価をする必要があるのでしょうか?それとも個別の土地
単位で減損処理できるのでしょうか?

●質問者: fukuda86912
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:グルーピング 単位 土地 検討 減損会計
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● frisker
●25ポイント

http://www.chuoaoyama.or.jp/webcan/genson/020624_0101.html

結論から言うとグルーピングの必要は無いようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● sami624
●25ポイント

http://www.irnet.co.jp/zaimu/2001/z20010519.html

資産の会計処理方法は、資料の提供先ごとならびに、試算の種類ごと(保有資産か投資用資産かの別)により、異なるためグルーピングの必要はありません。

逆に上記の相違別に会計処理をする必要があるため、個別処理の方が後々のことを考えると便利です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。やはり個別処理が妥当ですよね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ