人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

信用取引と無期限信用取引のリスクの違いと初心者にはどちらが向いているのか教えてください。

●質問者: toeishinjuku
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:リスク 信用取引 初心者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● tsukitousagi
●14ポイント

http://www.iwaisec.co.jp/top/mukigen_rule.html

リスクの違い:

ここに表で違いが説明されています。

金利・弁済期限がリスクの点でかなり異なっていますね。

初心者:

本音を言うと、信用取引自体をするべきでない。どちらもリスクが大きいから。

これでは質問の答えにならないので、質問に答えます。前者の通常の信用取引を少額でおこなう方が向いていると思う。なお、私は、どちらも未経験者です。

◎質問者からの返答

よろしければ初心者に向いてる理由もお伺いしたいです。


2 ● siigimaru
●14ポイント

https://newtrading.etrade.ne.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?getFlg...

ここの、URLで違いがわかりますが、私の意見は信用取引が安心です。


3 ● Liner
●14ポイント

http://www.matsui.co.jp/

松井証券 - ネット証券・オンライントレード

URLは無期限信用をやってる証券会社の一例です。

無期限信用取引とは、その名の通り、「弁済期限」が設定されていないものです。簡単に言いますと、証券会社から直接資金または株を貸し付けてもらうものです。従って、一見無期限の方が良さそうに見えるのですが、無期限信用取引は、制度信用取引に比して、金利が高く設定されており、この分で制度信用取引に劣ります。

資金に余裕があれば、制度信用取引でも、期限を迎えてからのクロス取引で事実上延命が可能ですが。

で、初心者にどちらが向いているのかというと、

「株の初心者が信用取引なんかやってはいけません」が正解だと思います。

◎質問者からの返答

なるほど・・・


4 ● eiyan
●14ポイント

http://nikkei.hi-ho.ne.jp/kabu_shinyo/

簡単にいえば期限の有無リスクの違いです。

期限が来たら強制決済されるものと、期限がないので自由決済の違いです。

初心者に向いているのはどちらも向いていません。

あえていうならば無期限信用取引ですが、初心者が勉強してからの話しです。

信用取引はしない方が安全です。

◎質問者からの返答

強制決裁と自由決裁の違いですね・・・わかりやすいです。

信用が初心者むきでないのは承知のうえですが

「あえて意欲がある初心者に勧めるならどっち?」という視点なので・・・ありがとございます


5 ● koroshimo
●14ポイント

http://www.daiwa.co.jp/ja/products/equity/margin/service02.html

大和証券

そもそも無期限信用取引は、お金持ちの資産家をより取り込むために作られたものですね。

初心者でもお金があるなら無期限でも良いと思いますよ。

株でギャンブルをするつもりでないのなら、信用取引でもリスクを十分コントロールできると思います。

◎質問者からの返答

信用ってお金がない人がやるものではないのですか?


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ