人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

◇レビュー第二弾◇
こんどは趣旨を変えて。「ユニークな本」を募集します。
他の本にはなかなかないような味のある本募集。

【条件】
・一冊で完結しているもの
・流行り廃りに関係なく楽しめるもの
あとは、
・わりとデザイン性重視、というかセンスの良さを求めたい…

【レビュー】
どんな感じの本なのかわかりやすければOK。
あとは自由に思い入れとかを書いてください☆

(第一弾もまだしばらく募集中です・・・http://bk1.hatena.ne.jp/1103382080)

●質問者: tomo031208015
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:デザイン ユニーク レビュー 思い入れ 流行
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 54/54件

▽最新の回答へ

1 ● arkadien
●15ポイント

にんげんだもの 逢 (角川文庫)

にんげんだもの 逢 (角川文庫)

  • 作者: 相田 みつを
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫

しあわせはいつも

しあわせはいつも

  • 作者: 相田 みつを
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • メディア: 大型本

日常にあるありきたりな言葉。

改めて言われるとハッとしたり、ホッとしたり、ホロッとしたり(*^-^*)

◎質問者からの返答

一個目からいい感じの回答!ありがとうございます(^-^)

こっちはコメント軽めにさくさく行こうと思ってます☆

---------------------------------------------------------

〜ちょっと補足〜

・できるだけ被らないようにお願いします。著者も、できれば。


2 ● hensyuushi
●15ポイント

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=02007735&introd_id=Xmo46Wk...

家族みんなのセブンネットショッピング! - 書籍 - ふしぎなえ

「面白い本」でなくて「ユニークな本」というところがいいですね。

bk1とつくづく相性悪いです。Amazonにもたいした情報はないですがレビューはこちら(AMAZON:

Amazon.co.jp: ふしぎなえ (日本傑作絵本シリーズ): 安野 光雅: 本

)の方が分かりやすかったので参考までに。

小学生低学年から読める騙し絵の絵本です。1981年初版の安野光雅の有名な絵本なので読んでおられるかもしれません。実は本当に面白さが分かるのにはちょっと年をとる必要がありますが、ある程度きちんとした年齢であれば絵本もそんなにセンスは悪くないのではないかと思います。

エッシャーの騙し絵よりもテイストは柔らかめです(エッシャーが理系的な絵なのに対して安野光雅は文系的な絵ですよね)。

◎質問者からの返答

ありがとうございます(^-^)

安野光雅の本は目にすることも多いですが、これは初めてです。

>bk1とつくづく相性悪いです

確かに。意外とオンラインで探してもないこと多いですよね…


3 ● mushu
●8ポイント

人体模型の夜

人体模型の夜

  • 作者: 中島 らも
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 単行本

ホラー?短編集です

人体にまつわるお話をちょっとぞくっとするなかにユーモアを交えた感じで独特の世界があり、とてもユニークだと思います。

三階に入り口があり、ワンフロアに20もの小部屋がある『首屋敷』に入り込んだ少年が、腕が8本もある人体模型ガラテアを見つけるところからお話は始まります。。。

恐いけど恐さの質が独特で面白い!衝撃的でした。

◎質問者からの返答

うーん、ちょっと質問とズレちゃいました(>_<)

内容が面白い本ならいくらでもあるので・・・。

説明しづらいですが、ちょっとみて、あっ、と思うようなユニークさが欲しいんです。


4 ● zbatsanjoh
●10ポイント

Amazon.co.jp: メメント・モリ: 藤原 新也: 本

メメント・モリ

メメント・モリ

  • 作者: 藤原 新也
  • 出版社/メーカー: 情報センター出版局
  • メディア: 単行本

「ニンゲンは犬に食われるほど自由だ。」この言葉と犬がヒトの遺体をかじっている写真に、あたくしは妙に安らぎを覚えました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

写真と、簡単な文で一言、という感じで構成した本なんですね。

軽い感じの本が多いかな、と思っていたので意表をつかれました!

あと、URLたどればわかるんですが、どうせならどんな本かわかりやすく書いてもらえるとうれしいです(^-^)


5 ● So-Shiro
●15ポイント

ロボット (岩波文庫)

ロボット (岩波文庫)

  • 作者: カレル・チャペック
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 文庫

チャペックの本棚―ヨゼフ・チャペックの装丁デザイン

チャペックの本棚―ヨゼフ・チャペックの装丁デザイン

  • 作者: ヨゼフ・チャペック
  • 出版社/メーカー: ピエ・ブックス
  • メディア: ペーパーバック

ロボットという言葉のもととなったチェコ語ロボータを世界で初めて使ったのが、カレル・チャペック。

その兄で、本の装丁作家だったヨゼフ・チャペックの作品を集めたものが、『チャペックの本棚』です。もちろん、弟の作品の装丁もやってます。これは面白い本で第一次世界大戦直後のチェコ・アヴァンギャルド運動の雰囲気が味わえます。

◎質問者からの返答

>チャペックの本棚

これも写真系でしょうか?ありがとうございます。本を集めてるところが独特ですね〜。

カレル・チャペックは私も好きです。犬や猫の話とか、園芸の話が特に。


1-5件表示/54件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ